RSS 漢方・鍼灸

女性にとって、嬉しいツボの4種類

2018年10月18日

食事・運動+ツボ押しで効率的にやせられる
 
「食べ過ぎを抑える」「代謝を高める」「おなかの部分やせに効く」「むくみをすっきりさせる」ツボを紹介
 太り過ぎに効くツボ(やせるツボ)は数多くあります。
しかし、そもそも太る原因は「消費エネルギーより摂取エネルギーが多すぎる」ことですから、
まずは食べ過ぎを抑えて運動するのが基本。
ツボが効くからといって、食べてゴロゴロしていては効果も半減してしまいます。
そのことを押さえていただいたうえで、次の4種類のやせるツボをご紹介しましょう。
できれば(1)~(4)のツボ押しを合せて行い、さらに大きな筋肉を動かす筋運動を行うと、
より効果が上がります。

(1)食べ過ぎを抑えるツボ

ストレスによる食べ過ぎや、食欲が抑えにくいときよく効くツボに、
手の合谷(ごうこく)と耳の飢点(きてん)があります。
また、手のひら側の親指つけ根(合谷の裏側に当たる場所)にも、消化器系のバランスをとる反応エリアがありますので、親指と人差し指で挟むように刺激すると、
合谷と一緒に刺激され、食欲の暴走を抑えることができます。
飢点は、爪楊枝の頭やピン止めの頭の丸いところで、少し「痛い」と感じるくらいに押します。
いつでも気がついたときに押し、それを1週間から10日続けると徐々に食欲が抑えられます。

(2)血行を良くして代謝を高め、やせやすい体をつくるツボ

血行を良くして代謝を高めることも、太った体をやせやすくするのに有効です。
背中にある三焦兪(さんしょうゆ)は血液循環によく効きます。
腎兪(じんゆ)と志室(ししつ)は代謝を高めるとともに、
腰痛や生理痛、冷え、疲労の解消にも効果があります。

(3)おなかの部分やせのツボ
脂肪太りの人には、まず食生活の改善(特に肉や脂肪の過剰摂取を控える)と、運動をおすすめします。
さらにおなか周りのツボを刺激して、出っ張ったおなかをより効率的に凹ませましょう。
こらのツボは消化器の働きを活発にして便秘を解消し、老廃物の排泄を促してくれます。
腕のつけ根の中府は、胸が苦しいときや呼吸器の病気によく効くツボです。
また、運動不足やストレスで呼吸が浅くなって代謝が落ちているとき、中府を刺激すると深い呼吸を促します。
深い呼吸は体内の循環を良くし、腸の蠕動運動も助けます。

(4)むくみで水太りになった体をすっきりさせるツボ
 余分な水分が体にたまった状態がむくみですが、
足腰をよく動かす人は、脚の筋ポンプ作用で血液が循環してむくみができにくいもの。
それだけでなく、大きな筋肉(体の筋肉の70%はおへそから下にあります)を動かすことでエネルギー消費も大きくなります。
 逆に運動不足であまり動かない人は、循環不全によってむくみやすく、
筋肉が衰えた下半身には代謝されない脂肪がついてしまいます。
そんな人は、循環不全を改善し代謝機能をアップする足ツボを押して、下半身をすっきりさせましょう。

アイタタッを解決!! こむらがえり

2018年1月25日

こむらがえり

 ふくらはぎが激痛とともに痙攣する「こむらがえり」
特によく冷えた冬の朝方に布団からヌッと足が出ていると、「こむらがえり」が起こり易いです。
「こむらがえり」は、ふくらはぎの筋肉が過剰に収縮して起こる発作です。
特に寝ている間に筋肉の縮み過ぎを防ぐセンサーの役割を果たす「腱紡錘」が働かず、
「こむらがえり」が発症しやすいのです。
また寒い時期で身体が冷えると血管が収縮して血行不良になり、筋肉に酸素と栄養が充分に行き届かないため、
「こむらがえり」が起こり易くなります。
とりわけ筋肉のコントロールにかかわるマグネシウムと水分が不足している場合は危険です。
 予防として心がけたいのが、毎晩、就寝前にコップ一杯の水を飲むことです。
人間は睡眠中の発汗で500ccほどの水分を消費するため、あらかじめコップ一杯の水を補給してから就寝するべきです。
わかめ、納豆、牛乳、するめなどでマグネシウムを補給することも大事です。
梅干しに含まれるクエン酸はマグネシウムの吸収を高め、疲労回復の効果もあります。
また、足を冷やさないために就寝時に靴下やストッキングをはいて布団に入ることも予防につながります。
温かいうえ、足の筋肉をほどよく圧迫して血流も良くしてくれる医療用の「弾性ストッキング」がお勧めです。
 「こむらがえり」を含む「足のつり」対策として、筋肉をほぐすストレッチも効果的です。
30㎝ほどの高さの台に片足をのせる「波止場のポーズ」がお勧めです。
台に乗せた足を吐きながら7秒間静止するのです。
これを左右交互の脚で15回ずつ繰り返すと、太ももの裏の筋肉が鍛えられて血行が良くなります。
座ったまま親指と人差し指を使い、床に置いたタオルを引き寄せたり、持ち上げる運動も効果があります。
普段あまり使わない下腿三頭筋や足の裏側の筋肉などを使うことで、足のつりを予防することができます。
 それでも足がつってしまったら、患部をストレッチして、擦ってあげてください。
「こむらがえり」に場合、ふくらはぎを伸ばしましょう。
また、漢方薬も助けになります。
痛みを緩和する作用を持つ「芍薬」と「甘草」が含まれた「芍薬甘草湯」は、舐めるだけでも即効性があります。

ホットタオルで、ぜんそく解消

2017年12月14日


ホットタオルで、ぜんそく解消
● 鼻筋への蒸しタオル(喘息で息が苦しい時)
 タオルを当てるときに鼻の下のほうまでかかるようにタオルを被せます。
こうすると湯気が鼻から入って吸入器と同じような作用が生じて楽になります。
 但しタオルの温度に注意してください。
顔は意外と敏感であまり熱すぎるのを子供さんに当てると嫌がります。
かといってぬるいのを当ててはいけないのは当然です。
これは特に冬場には効果が分かりやすいです。でも季節を問いませんので、
行って下さい。
炎症を起して肥厚している気管に水分を供給し、胸が楽になります。
生理の二日目の夜に鼻柱全体に6分ほど蒸しタオルを当てると、
生理の経過がよくなります。
 胸への蒸しタオル(喘息、胸を冷やした、咳が出る)
 蒸しタオルを胸に当てて下さい。すると呼吸が楽になります。
● 日頃の手当て法(喘息)
  胸椎の3、4、5番を中心に蒸しタオルを当てます。

ホットタオルの作り方
 ホットタオルは、ハンドタオル(くらいの大きさのもの)で作ると、使いやすいでしょう。出来れば、少し厚めのタオルが良いと思います。タオルをお湯に浸(ひた)して絞るだけで、ホットタオルの出来上がりです。
 もしくは、タオルをぬるま湯に浸して絞り、ラップや袋で包んだ後、電子レンジで1分くらいチンして作ることもできます。

 改善されている他の症状
 すでに亡くなられた方で日本を代表する有名な実業家が、健康維持のために一
年間に使っていた額が一千万円だった話を聞いたことがあります。
超お金持ちならそれぐらいのことをやってくれなければいけません。
 そういう方が社会の血としてのお金を吐き出さなければ他への血の巡りが悪くなるからです。
 そこまでお金の無い私などはどうやったら手持ちの血液だけでやりくりすることができるかを考えてしまいます。
 全ての病気が蒸しタオルで根本改善できるかというとそれは無理です。でも、以下の症状に効用を発揮したのも事実です。
■ 頭痛、中耳炎、歯の痛み、花粉症、咳、喘息、胃の痛み、
肝臓の不調、眼精疲労、イライラ・焦燥等の感情の不安定、
睡眠異常、肩・肘・手首・腰・膝等の身体各部の痛み、腰痛、
生理痛、腹痛、白内障、風邪、更年期症状、便秘、アトピー、
動悸、高血圧、慢性疲労、冷え性、坐骨神経痛、胆石、通風、



冷え性をなくすツボ

2017年11月26日


冷え性をなくすツボ
手足の冷えが気になる季節になりました。背中や腰が冷えたり、手足の先がなかなか温まらないと、無意識に体を丸めてしまうものです。これではお洒落をしてもきまりません。冷え性は自律神経の乱れと血液の循環の悪さが原因です。ツボ押しで体の冷えを解消し、背筋を伸ばしましょう。
紹介するツボは、自律神経を整え血行を良くする指間穴(しかんけつ)・虎口(ここう)・八風(はっぷう)と血海(けっかい)、三陰交(さんいんこう)です。

いずれも左右の手と足の甲側、指と指の間のつけ根にあります。
「指間穴」は手の人差し指と中指、中指と薬指、薬指と小指の間。
「虎口」は手の親指と人差し指の間。
「八風」は足の親指から小指までの指の間です。
「指間穴」、「虎口」ともに、親指と人差し指でツボをつまむようにはさんで少し強めに押し揉み、指先に向かって引っぱってはなします。1カ所につき10回程度行ないます。
「八風」も同じようにしますが、右足の時は左手で、左足の時は右手といった具合に、足と反対の手で刺激します。
一巡する頃には指先がポカポカしてきますが、温まらないときはもう少し続けましょう。

「血海」は膝を伸ばした状態で、膝の内側、膝の皿から2.5cm上がった辺りにあります。
大腿骨のすぐ脇の痛みを感じるところです。
親指をツボにあて、大腿骨に向かって30回程度押し揉みます。椅子に腰掛けて、両足を同時に行なうと適度な刺激が加わります。
※脂肪太りの解消、肌のツヤを良くするのにも効果的です。

「三陰交」は足の内くるぶしから指4本分上、すね骨のすぐ後ろにあります。
軽い痛みを感じるところです。
椅子に腰掛け、足首を片方の膝の上に乗せます。右足は左手で、左足は右手といった具合に、足と反対の手の親指をツボにあて、足首をはさむように持って押し揉みます。
左右ともに2~3分程度行ないます。

気や血の巡りを改善して、体を温める

2017年10月20日


 冷えを改善するためには、体を温める温性、熱性の食材を意識してとりいれることが基本となります。
 冷えは3つのタイプに分けられます。それぞれのタイプによって症状があらわれる原因は異なりますので、その原因を改善するような食材を中心にとるようにしましょう。
食材の約70%は、体を温めたり冷やしたりしない平性ですが、それぞれ生で食べるよりも、
加熱することで体を温める効果は高まります。
なお、白砂糖のとりすぎは、冷えを悪化させます。
砂糖は、できる限り精製していない黒砂糖、メープルシロップ、
とくに料理ならばみりんを使うようにしましょう。

手足の先端が冷える場合
 血の巡りが悪いために、体の末端まで血液が十分に行きわたっていないので、血行を促進し、体を温める食材をとるようにしましょう。
 鮭、イワシ、カツオ、タラなどは血の巡りをよくする働きがあるので、
主菜におすすめです。
薬味や味つけには、温性の食材、ネギ、ニンニク、生姜、トウガラシなどを使うと効果的です。


全身が冷える場合
気が不足していると考えられます。
気が満たされれば、血や水も動きだして、体は温まるので、
気を補い、胃を温めて、胃腸の働きをよくする羊肉や、
温性で栄養価も高いエビなどをとるとよいでしょう。
ただし、どちらの食材も温める性質が強いため、食べすぎると余分な熱を生じやすくなるので注意してください。
 主食では、うるち米より、もち米の方が体を温める作用があります。
しかし、もち米は、うるち米より消化がよくないので、
消化を促す山芋や大根などと一緒に食べることをおすすめします。


冷えのぼせがある場合

 気の巡りを改善する食材を選びます。魚介類では、
胃腸の機能を高める鮭やカジキマグロがこれにあたります。
また、ミカンや金柑(きん かん)などのかんきつ類も、
気の巡りをよくする作用があります。
野菜類は、タマネギ、ニラ、ラッキョウなどネギの仲間が体を温める働きをします。
 これらの食材は、どのタイプの人にも合うので覚えておきましょう。
なお、タマネギは、サラダなど、生で食べると、気の巡りをよくする作用があり、
加熱して味噌汁などに使用すると、体を温め、消化器をととのえる作用が強まります。

第8回臨床鍼灸スポーツフォーラムin三重に参加

2017年8月22日


日本体育大学教授 杉田正明教授、元日本男子バレー米山一朋選手、鈴鹿回生病院 藤澤幸三先生、名古屋女子大学 片山直美教授、四人の先生方の立場からスポーツに関してお話がありました。

 杉田先生はコンディションには、コンデショニング・リカバリー・トレーニングの三つがお互いにトライアングしないと、陸上や水泳など、様々な競技で好成績があげられないという講義内容でした。

 米山選手は、何事にもあきらめず継続することにより、いつかはチャンスが巡ってくる。
そのチャンスを逃さないことが、大事であるというお話でした。
意識を変えると行動が変わり、行動が変わると態度が変わり、態度が変わると習慣が変わり、習慣が変わると性格が変わり、性格が変わると運命が変わる。
健康が第一である。

 藤澤先生は、スポーツ現場における医療連携のお話でした。
スポーツ選手の障害に対して、西洋医学的知識・能力を確認し、東洋医学的概念・知識を共有しながら連携すれば、世界からも注目される素晴らしいスポーツ支援となる。
特に、鍼灸はアンチドーピングにおいて大きな意味を持つものと思われる。

 片山先生は、「最新スポーツ栄養学とトップアスリートのバランス食」についての講演でした。
食事は空腹を満たすだけでなく、必要な栄養素を必要なときに補給することが重要である。
栄養指導の三要因は、環境・時間・遺伝である。
日本人は、他国のアジア人と比べて、遺伝的に食べると太りやすい傾向がある。
長寿健康に暮すには、減食と運動が一番で、禁酒・禁煙によってガンのリスクが低下する。
和食は、日本の伝統的な食文化であり、一汁三菜を基本に、多様で新鮮な食材が素材そのものの味を尊重して調理されていることから、栄養のバランスが非常に優れている。

心と漢方 身体がむくむと気持ちも沈む

2017年8月10日



 連日の暑さで、夏バテ気味になっていませんか?
夏には、体内を巡る気・血・水のうち「水」の流れが一部分に滞る「水滞」という状態に陥る人が少なくありません。
 私たちの生命活動は、気・血・水という三要素によって維持されていると漢方では考えています。
このうち、「水」とは全身を巡りながら身体に潤いを与える無色の液体のことをいいます。
この「水」の流れがスムーズにいかず、身体の一部に停滞している状態が「水滞」です。
この場合、「水滞」を引き起こす最大の要因は、冷たい飲食物の摂り過ぎです。
夏場は暑くて汗をたくさんかくので、どうしても水分を多く摂りがちに。
身体を冷やすようなものを摂りすぎています。
冷えは「水滞」を悪化させます。
「水滞」では、身体の何処に「水」が停滞するかによって異なった症状が表れます。
「水」が全身に停滞する場合は、めまいや下痢、浮腫み、夜間頻尿が表れます。
いっぽう、関節や皮膚に停滞すると、朝の関節のこわばり、顔のむくみに。
胸に停滞すると鼻水や痰、喘息のような症状があります。
お腹に停滞すると、食欲不振やむかつき、冷えが表れます。
「水」が停滞すると、それだけで身体は冷え始めます。
そこで、身体は気をどんどん巡らせることによってエネルギーを回し、「水」を追い出そうとするのですが、
「水」は滞ったままびくともしない。すると、気も巡らなくなる。これが「気鬱」です。
身体の中に悪い気がたまり、どんより淀んだ状態になるのです。
「気鬱」になると、心が憂鬱で、頭が重い。胸がつかえる。お腹の膨満感。おならの回数が増える。ゲップが良く出るようになります。
漢方では、浮腫みだすと、身体が重くなり、気分も沈むというサインが出ると精神にも要注意です。
 もし、このような状態が思い当たるのであれば、まずは身体を冷やさないことに心がけましょう。
冷たい水、ビールを飲み過ぎないように注意しましょう。
身体をクーラの冷えから守ることも大切です。
体内に「水」が停滞しやすい夏こそ、水はけのいい身体をつくり、身体を冷やさないこと。
本来、夏は身体も元気に生き生きと活動できる季節です。

「西洋医学は父なる医療、東洋医学は母なる医療」、

2017年7月28日

 
一刻を争う救急救命や命にかかわる難病など、病院では西洋医学が得意とする治療が施され、
日々多くの命が助かっています。
また、辛い症状を和らげる薬の効果に助けられている人も多くいらっしゃいます。

 その一方で、不定愁訴や自律神経失調症、慢性疾患などで困っている方や、
更年期障害や不妊、逆子やつわりなど産科・婦人科の症状で悩んでいる方が鍼灸院をおとずれ、
多くの人が自己治癒力によって快方していきます。

 また、病院で完治不可能と言われた病でさえも、鍼灸で改善したという例が数多く報告されています。

 東洋医学と西洋医学、どちらが優れているというものではないのです。

 それぞれの治療には、特長と得意とするところがあります。

 東洋医学の自己治癒力を導く医術、西洋医学の命を救う医療、いずれも人々の健康のためにある素晴らしい医学です。

 現代には、どんな病も瞬時に治してしまうような治療法はまだありません。
しかし、東洋医学、西洋医学という治療法があります。
それぞれの特長を生かして病を治していくという方法があるのです。

 「西洋医学は父なる医療、東洋医学は母なる医療」、なのです。

元気な夏を過ごす 暑さ対策

2017年7月21日

暑さからくる夏特有の体調不良は「暑邪」が原因。暑邪は自然界から入ってくる邪気「六淫」の一つで、
この邪気に身体が侵されるのは高温多湿の夏だけです。
陽邪であり、「炎熱」の性質を持つ暑邪が身体に入ると、熱で頭が働かずボーっとしたり、
皮膚の弱い人は赤みが強く出て悪化したり、ひどく汗をかいたり、といった影響が現れます。
中でも、汗のかき過ぎには要注意。
中医学(中国漢方)では、汗を身体をみずみずしく保つ津液(水)の一つと考えています。
汗をかき過ぎると、津液ととも「に気(エネルギー」)も消耗してしまうため、倦怠感や息切れといった体調不良につながるのです。
また、身体の水分が失われると血液が濃縮し、「心」にも大きな負担がかかります。
汗のかき過ぎによる動悸やめまいは、心へのダメージ。症状が重くなると心不全など重大な病気を引き起こすこともあるので、十分注意してください。
 もう一つ、夏に気を付けたいのは「脾胃」の不調。
高温多湿の日本の夏は、暑邪とともに「湿邪」が侵入することも多くなります。
そのため、湿気に弱い脾胃の機能が弱くなり、食欲不振や下痢、夏痩せといった症状が現れるのです。
このように、夏の暑さ対策は「心」と「脾胃」がポイント
夏の疲れや体調不良を秋に残さないよう、日頃の食事や過ごし方に気を配り、しっかりと予防、対応しておきましょう。