RSS 呟き(murmur)

朝礼マスターズに参加

2018年10月22日

 昨日、「朝礼マスターズ」に参加しました。
参加人数80名。10列10チームで「朝礼」を実習しました。
朝10時から16時までの長丁場でしたが、楽しい時間であり、有意義な時を過ごさせていただきました。

 毎朝の朝礼は一人一人の「気」を交流させる場です。
参加者全員が歓びにあふれ、元気に行う努力を続けいぇいれば、
自然に明るく活気に満ちたムードが生まれます。

小牧ワイナリー「秋収穫祭」

2018年10月3日

 先週の日曜日、台風24号が近づいている中、小牧ワイナリー「ワインの樹の会 秋の収穫祭」に参加してきました。
台風の進路を気にしながら、楽しい一日を過ごさせていただきました。

 AJU自立の家 小牧ワイナリーは障害者自身が福祉を受ける立場だけでなく、福祉を創るという積極的な取り組みの中から、生まれた作業所です。
重度障害者、知的障害者、健常者が共に働け、誰でも住める社会創りを目指しているワイナリーです。。

10年後 廃業

2017年7月14日

ビジネスは需要と供給で成り立っています。
ある仕事が供給過剰に陥ってしまうとそのビジネスで利益を出すのが難しくなり、収入が減ってしまうのです。
もし、供給過剰によって売上が半減してしまっては、たくさんの事業が廃業するのは当然と言えるでしょう。

そして、この供給過剰の問題は、柔道整復師や整体師などのいわゆる治療家の仕事、それに美容室や歯科医院、
さらには士業の世界にまで深刻なダメージを与えています。

接骨院の数は2002年には25,975店舗だったのですが、2012年には42,431店舗に急増。
10年で1.6倍になってます(厚生労働省:平成 24 年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況より)。
これは、コンビニ最大手3社のセブン・イレブン、ローソン、ファミリーマートの店舗数の合計41,085店舗よりも多い数です。
しかも、これは接骨院だけの数で、整体院なども含めると10万店舗を超えるのではないか、ともいわれるほど急増しているのです。びっくりですよね。

美容室や歯科医院もコンビニよりも多く、供給過多に陥っていて治療家とほとんど同じような状況にあります。
他にも、いわゆる士業と呼ばれている先生の方々の仕事にも供給過剰の波が襲ってきています。たとえば、、

※厚生労働省:平成 24 年衛生行政報告例


公認会計士は、2000年には、16656人でしたが、2014年には、33977人と2倍以上に増えていますし…

行政書士は、2005年~2014年の間に37,607人から44,057人に増加

社会保険労務士は、10年で26,460人(2005年)から38,878人(2014年)と1.46倍に…

税理士も、10年で69,243人(2005年)から74,501人(2014年)

司法書士は、2006年から2015年の間に、18,509人から21,658人まで増えています…

こんな風に軒並み資格者の数が大きく増加しているのです。しかも、この勢いはまだまだ止まりそうもありません。
そうなってくると、ますます供給過剰が進み、仕事の価値が大きく下がってくることになるでしょう。

父の日 ありがとう

2017年6月25日


 6月18日 父の日に、娘と息子から 日頃の感謝を込めて、プレゼントを頂きました。
 娘も息子も、母親・父親として育ち、我が子を育っている姿を見て、「子に感謝」しています。
子供たちは、自分の力で育ち頑張ってきた証が今です。
父である私は、子供たちを静かに見守り、時にアドバイスや援助してきただけです。
父親として、ここまで頼られ生きてこられたのも、娘や息子の力添えがあったからこそです。
娘よ息子よ ありがとう