RSS 全人的医療

抱擁・キスして、免疫を高めよう!!

2020年4月20日

 視床下部から分泌される「オキトシン」は、健康や円滑な人間関係をよくするホルモンであり、「幸せホルモン」「恋愛ホルモン」「抱擁ホルモン」「信頼ホルモン」「絆ホルモン」「思いやりホルモン」「癒しホルモン」とも言われています。
おもな作用は、
幸せな気分になる
脳・心が癒され、ストレスが緩和する
不安や恐怖心が減少する
他者への信頼の気持ちが増す
社交的となり人と関わりたいという好奇心が強まる
親密な人間関係を結ぼうという気持ちが高まる
学習意欲と記憶力向上
心臓の機能を上げる
感染症予防につながる

どうやって出すのオキシトシン!?
を確認していきたいと思います。

1.配偶者や恋人がいる場合
【オキシトシンを分泌させる方法】

触れ合う/スキンシップ
マッサージ
見つめ合う
抱擁/ハグ
キス
愛撫
性交渉

2.配偶者や恋人がいない場合

スキンシップ(同性でもOK)
家族団らん
友達と食事をする
友達とカラオケにいく
おしゃべり
プレゼントを贈る
人に料理を作る

3.家族も友達もいない場合

感動する
感情を素直に表す
親切を心がける
思いやりの気持ちを呼び覚ます
ほ乳類とのスキンシップ(特にイヌ)

 ちょっとしたタイミングで、見知らぬ他人に道を譲ったり、ドアを開けてあげたり、「ありがとうございます」「ごちそうさまです」というような言葉を使うように心がけるだけでも、オキシトシンの分泌に繋がるのですから。

 今こそ頼るべきは、体の中のホルモン「オキシトシン」の力!関節の痛みやストレスを緩和!認知症の症状改善や、血圧の抑制なども期待できる。

親しい人から体に触れられた時に出るホルモンだが、会いにいけない状況でも大放出させ、新コロナウイルスに負けない身体をつくろう。

ガッテン!「新型コロナの今こそ!“ハッピーホルモン”で不安ストレス撃退」
放送日
4月22日(水) [総合] 後7:30

鎮痛剤・湿布薬の使用に注意!!!!

2020年3月23日

鎮痛剤として広く処方されているロキソニンやアスピリン。
誰しも一度は飲んだことがあるだろうが、実は医者自身はあまり飲んでいないです。
「腰の痛み」を感じ、ロキソニンを服用したらなんと血尿が出た。
副作用の可能性が高いと判断し、中止したところ正常になりました。
痛い時に我慢する必要はないが、消化管出血や腎不全リスクがあるので、
飲むとしても短期に留めてください。
 百害あって一利なし」とまで言い切るのが、鎮痛剤のリリカです。
リリカは知覚神経に存在するカルシウム受容体を阻害し、痛覚の伝導を遮断するとされています。
しかし、カルシウム受容体は知覚神経のみならず意識や思考に関する神経にも存在しています。
リリカはこれらの神経活性をすべて抑制するので、多彩な副作用が発生します。
しかも痛みを抑える神経の活性も抑え込んでしまうので、やがて鎮痛効果もなくなります。
 いま医療関係者の中で一番流行っているのが鎮痛剤のトラムセットです。
痛みが取れるからと整形外科医の間でも一番売れている薬ですが、飲まないほうがいいです。。
この薬は一種の麻薬みたいなものです。
飲むと頭がぼーっとし、吐き気や便秘、痙攣など副作用も非常に多いです。
痛みを抑えることもできず、副作用だけが残ります。
にもかかわらず、「とりあえず」といって処方する医者は後を絶たないです。

アトピーやリウマチなどの治療にも使われ「魔法の薬」とも言われるステロイドです。
しかし、患者には処方するが、自分では使いたくないというのが医者たちの「本音」です。
ステロイドは対症療法に過ぎず、根本的な治癒にはなりません。
リウマチによく使われる副腎ステロイドは、免疫抑制効果があるので感染症のリスクが上がるし、
腎臓にも負担がかかるのです。
短期間の服用ならいいのですが、ムーンフェイス(顔が腫れ丸くなる症状)や下痢、精神不安などステロイドは様々な副作用が出るので長期間の服用はしないでください。

衆議院議員 吉田統彦 講演

2020年1月31日

2月4日、一般社団法人愛知県鍼灸師会顧問である、眼科医であり衆議院議員 吉田統彦先生の講演があります。
「眼と光~眼の健康講座」のテーマです。

 目は外からの情報を得るための大切な器官ですが、近年、パソコンやスマートフォンなどの画面を長時間見続けて、目の疲れを感じる人が多くなってきています。
また、加齢とともに白内障や緑内障、加齢黄斑変性などの目の病気にかかる人も増えています。

自律神経バランスを測定しましょう

2019年2月8日

あなたはストレスをかんじていませんか!?
 ストレスは私たちの大敵です!
肩こり・イライラ・めまい・ドキドキ・耳鳴り・不安感・冷え
不定愁訴・肥満・疲労感など
症状が悪化すると、肥満や睡眠障害、そして鬱病になってしまいます。
その他にも、気管支喘息・慢性胃炎・ストレス性潰瘍などの症状になる恐れがあります。

 自律神経のバランスを把握すると、
ストレスの傾向を知ることができます。
この様なストレスを調べるための検査を行います。
痛みも暑さも感じず、簡単かつ短時間の検査なので気軽に受けられます。

今月は、無料です。

辞令交付式に参加

2018年9月8日

 昨日、平成31年度愛知県倫理法人会辞令交付式に参加させていただきました。
 私は還暦を迎えたのに、幹事・青年部長に任命され、この一年頑張らせていただくことになりました。

 役員を務めさせていただくには、次の3つが大事だと思っています。

1.“志”を持ち、難易度の高い目標にチャレンジし、完遂する事の大切さ
2.常に“人”に関心を持ち、リベラルな組織風土をつくる事の大切さ
3.仕事以外の領域(例えば、歴史・芸術・スポーツ等)を学ぶ事の大切さ

 今年度jは、元号が変わる、自民党総裁選挙、米国中間選挙、統一地方選、参議院選挙などがあり、変革の年度となりますが、
「倫理」の精神を忘れず、即決即行で何事も行っていけば、
どんな変革が起きても筋道間違いなく健全な繁栄が待っていると信じています。
また、よりよい治療が皆様にご寄与でき、笑顔一杯の治療場であふれるでしょう。[#img|0.笑#]

第4回 日本健康創造研究会

2018年2月14日

 
 今週の日曜日、「日本健康創造研究会」第4回研修会がありました。
高橋徳先生「愛すること、想うこと、そして祈ること  オキトシン健康法」
九州大学総長 久野千春先生「聴くことの力 心身相関のエビデンス」の2題講演がありました。

 「愛すること、想うこと、そして祈ること  オキトシン健康法」
オキトシンは、「幸せホルモン」「恋愛ホルモン」「抱擁ホルモン」「信頼ホルモン」「絆ホルモン」「思いやりホルモン」「癒しホルモン」など、数々の異名を持つこのホルモン、分泌されるとわたしたちに以下のような効果をもたらしてくれるといいます。
・幸せな気分になる
・脳・心が癒され、ストレスが緩和する
・不安や恐怖心が減少する
・他者への信頼の気持ちが増す
・社交的となり人と関わりたいという好奇心が強まる
・親密な人間関係を結ぼうという気持ちが高まる
・学習意欲と記憶力向上
・心臓の機能を上げる
・感染症予防につながる

このオキシトシン、分泌させない手はないですよね! なにしろわたしたちに、「生まれてきてめっちゃ幸せ! みんなありがとう!」という気分を味わわせてくれるホルモンなのですから。
虚無主義(ニヒリズム)に陥ったニーチェは『神は死んだ』と言いました。
いいえ、違います。我々の人情と健康を担うオキシトシンは『内在する神』 として、視床下部に生き続けています。

「聴くことの力 心身相関のエビデンス」
 現代に増加している病気は、生活習慣病・老年病・ストレス病です。
 ストレスが過剰にかかると、心理的反応として、不安・怒り・悲しみ・焦り・憂鬱・緊張などが現れます。
身体的反応として、内分泌・自律神経・免疫に異常または機能低下を示します。
一つの病気に対しても、心理社会因子の影響を受けます。
感情抑圧傾向、孤立、回避的傾向、絶望的傾向ですと、病は不良となります。
 全人的医療とは、身体的・心理的・実存的な面から統合的に理解し治療することです。
治療は身体療法、薬物療法、生活指導、面接による心理療法、チーム医療などを統合して行います。
 常に患者は身体・心理・社会・スピリチュアルに苦悩しており、患者の病態を理解し、寿の命を伸ばすように手助けをするのが治療者の役割です。

謹賀新年

2018年1月5日


 新年 あけましておめでとうございます。
 皆様にはよき新春をお迎えのこととお慶び申し上げます
昨年はひとかたならぬご高配にあずかり心より感謝申し上げます
本年もどうぞご厚情の程よろしくお願いいたします

平成三十年 元旦

年末年始休診のお知らせ

2017年12月5日



年末年始休診のお知らせ

本年は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
来年も一層のご愛顧のほどよろしくお願いいたします。
12月30日(土)
  31日(日)
 1月1日(月) 休診
   2日(火)
   3日(水)

臨時休診のお知らせ

2017年10月10日

 秋晴の候、時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

 この度、中国への研修旅行の為、
下記の日程で、臨時休診させていただきます。
 皆様方には大変ご迷惑をおかけいたします。

 11月11日(土)~11月15日(水) 臨時休診

9月18日 敬老の日 診療しています。

2017年9月13日



9月18日(月) 敬老の日 通常通り診療いたします。

 敬老の日は、
「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」です。
私たちが毎日平凡に暮らせるのは、ご先祖のお蔭であり、
ご先祖に感謝し、次はお父さんお母さんありがとう、そして互いにありがとう。
一緒に生きているいろいろなものに「ありがとう」ということです。