RSS 健康増進

Como lidar com dor lombar Refeições

202012 de novembro de 2010

栄養補給
 腰痛をやわらげるビタミンB群、血行を良くするビタミンE
長時間同じ姿勢をとることなどで筋肉や神経が疲れ、それが原因となって、
腰痛になることがあります。そのようなときは、ビタミンB1EビタミンEをとると良いでしょう。
ビタミンB1には、筋肉や神経の疲れをやわらげる働きがあります。
ビタミンEには、血液の流れを良くし、筋肉の緊張を取る働きがあるので、痛みをやわらげるのに役立ちます。
TambémビタミンB1・B6・B12は神経ビタミンといわれ、神経がうまく働くために大切な栄養素です。
ビタミンB1とともに、ビタミンB6EB12もとるように心がけましょう。

筋肉や骨の強化のためたんぱく質カルシウムも腰痛の予防と治療には、腰の筋肉や骨を強くしておくことも大切です。
筋肉の強化には、筋肉を構成するたんぱく質が必要。たんぱく質をとって、背筋を付ける体操をしましょう。
さらに骨の強化には、カルシウムが必要不可欠です。
一見、生きているようには見えない骨も、実は2~3年周期で生まれ変わっています。
カルシウムは毎日とるのが基本です。

[Para quem realmente quer corrigir a dor nas costas] a compressa não funciona!

20208 de novembro de 2010

 腰痛に悩まされている人は、根本治療ではなく対症療法をとりがち。
その代表が、湿布を貼ることです。
湿布は、痛みの元となっている筋肉の炎症は鎮めてくれますが、
腰痛の根本原因にアプローチするものではありません。
ですから時間がたって薬効が切れれば、また痛みが出てきます。すると多くの人は新しく湿布を貼り替え、
切れてはまた貼り替え……を繰り返します。その結果、皮膚がかぶれてしまう人も少なくありません。

 実は慢性的な痛みは、冷やすより温めるほうが有効です。

ならば温湿布を貼ればいいのでは? と思うかもしれませんが、
市販の温湿布のほとんどは「温感湿布」。
温かいと感じるだけで、本当に患部を温めているわけではないのです。
対症療法で根本原因を放置していると、かえって腰痛が悪化してしまうことも。
湿布の貼り過ぎには注意が必要です。

そもそも腰痛はなぜ起こる?
1 背骨のゆがみ
理想的な背骨はS字カーブを描いています。が、姿勢の悪さなどからこのカーブが崩れると、体の重みを上手く分散できなくなり、背骨周辺の筋肉に負担がかかって腰痛を引き起こしてしまうのです。

2 足の使い方
足は手と違って、「効き足」と「軸足」があります。座って足を組んだとき、上に重ねたほうが「効き足」で、下になったほうが「軸足」。効き足と軸足の使い方に差があると、全身にゆがみが生じ、腰痛を発症します。

3 血流の悪さ
血流が悪くなると関節が硬くなり、体の可動域が狭くなってしまいます。すると姿勢も悪くなって、それが腰痛へつながっていきます。

Folha de auto-verificação da mente e do corpo

202010 de agosto de 2010

気持ちがずっと落ち込んでいたり、つかれがとれなかったり。
それに、からだもなんだか痛い・・・。
あなたのこころとからだのSOSに耳をかたむけましょう。

セルフチェックシート
まずは、簡単な質問です。
当てはまる方に〇をつけましょう。

1、 この一か月間、気分が沈んだり、憂鬱な気持ちになったりすることがよくありましたか?
         【はい】     【いいえ】
2、 この一か月間、どうしても物事に対して興味がわかない。
  あるいは心から楽しめない感じがよくありましたか?
         【はい】     【いいえ】

上記の質問で一つでも「はい」があれば、もう少しチェックしていきましょう。
下記の質問であてはまるものに〇をつけて下さい。

こころ 
□何をしても楽しくない  □興味がわかない  □むなしい  □イライラ感がつのる
□悪い方へばかり考えてしまう

からだ
□寝つきが悪い、ぐっすりねむれない、よく目が覚める  □  疲労・倦怠感がつづく
□食欲がない    □頭が重い、頭痛がする   □肩こりや背中に痛みがある
□のどが渇く    □ため息が多い       □便秘や下痢になりやすい
□体重が減った   □からだに痛みや痺れがある

チェックした項目が多いな…と感じたら、そのままにせず医師・鍼灸師にご相談下さい。


「こころ」と「からだ」から出される不調のサイン
こころの不調
 「気が沈む」「憂鬱」といったきぶんがつづいたり、不安や焦りがつのったり、
さらには「生きていても仕方がない」と思ってしまうことがある場合。
もしかしたら、「鬱病」の可能性があるかもしれません。
それに仕事や家事、身支度でさえ億劫だと感じることがあります。
考えがまとまらなかったり、判断力や決断力が鈍るなど、思考面にも影響が現れることもあります。

からだの不調
 なかなか寝つけない、眠りが浅いなどの睡眠障害、疲労、倦怠感、
食欲が落ちてしまったり、体重が減少してしまったり・・・・・・・・・・。
こうした体の不調は、「鬱病」によって生じた可能性が考えられます。
また、頭が重い、頭痛がする、首や肩、胃の痛み、手足の痛みなどが見られることもあります。
 「体の不調」は、ほかの病気(高血圧・胃の病気・関節炎・糖尿病・心臓病)が原因でないかどうか、
医師・鍼灸師とよく相談して下さい。

Cura de Verão

202023 de julho de 2010


 夏になると気温が高くなり、汗をよくかくことで体力を消耗しやすくなります。
一方で、どこに行っても冷房がきいていて、室内と室外の温度差が激しく、
体が対応しきれず、体調を崩しやすい方も多くいます。
また、外が暑いと冷たい物がほしくなり、常に冷たい物を飲んだり、食べたりすることが増えます。
すると胃腸の働きが弱くなり、夏バテにもなりやすくなります。  
中医学で言うと夏は高温で陽が高まり易く、陰分(潤い)を消耗しやすい季節です。
陰分不足により火(熱)が旺盛になると、熱が上にあがって心神に影響するため入睡障害になりやすく、
体力の回復が十分にできない状態になります。
更に冷たい飲食物のために胃腸が冷え、消化・吸収力も弱まり、元気がない状態を起こすのです。
ですから夏の養生では睡眠と胃腸のケアがとても重要です。
夏の養生ポイント:「清熱滋陰、養心安神、清淡料理、養胃健脾」
体の余分な熱を取り除き、必要な潤いを守ることで心を養い、神も安らぎます。
料理の味を薄めにし、さっぱりすることで胃腸(脾)を養い、機能もアップします。

1、 よく涼性の果物、野菜など水分が多い物をを摂食すること。
2、 冷房は弱めにして、会社や電車の場合は長袖の服(上着など)を着ること。
3、 食事は味薄く、量を少なめにすること;揚げ物は控えめにすること。
4、 冷たい物、辛い物など刺激的な食材を控えめにすること。
5、 適当な運動:太極拳・ヨガなど穏やかで、リラックス効果のある運動をしましょう。
  (激しい運動は控えめに)
  毎日寝る1時間くらい前に水分を取りましょう。

Cuidado com "Modern Summer Bate"

202010 de junho de 2016

 夏の疲れは、昔と今ではだいぶ違ってきています。

以前は夏バテというと、食欲が落ちて痩せたが、

最近は逆に太って、うつ傾向になる人が増えています。

かっては暑い中で体力が消耗するから、夏に負けないように、

栄養のある土用のうなぎなどを食べる意味がありました。

今では室内は空調が完備されて、
涼しく、汗をかかないことも。

清涼飲料水やアイスといった冷たい飲み物や食べ物も、
十分に手にはいります。

 現代の夏の疲れの要因は、

冷房が効いた部屋に居続けてお腹や腰が冷えたり、

冷えた室内と暑い屋外を一日に何回も行き来して
自律神経が乱れてしまったりすることにあります。

冷たい飲み物や食べ物は体を冷やすだけでなく、
甘味を少なく感じさせるため、

糖分を摂りすぎて太ってしまいます。

 最新の研究では、精神を安定させる神経伝達物質は、

腸で作られることが判明されてきました。

代謝や免疫、ホルモンなど体を自動的に調節する自律神経や、

胃腸に異常を来せば、脳の調子も悪くなり、
鬱っぽくなってしまいます。

解消するには、

温かく代謝を高める食事をして、糖分を控えることです。

飲み物は井戸水と同じ温度15°以上に心がけ、

スパイスや食物繊維、発酵食品を中心に摂取しましょう。

軽い運動や湯船に浸かって汗をかくと、
自律神経の調整に役立ちます。

 その前に「自分が疲れている」と気付くことが、
最も重要です。

疲れの感じやすさは人によって違い、

東洋医学では大きく「実証」と「虚証」の二つに分けられます。

 「実証」は疲れに対する感度が鈍くなりがちです。

体を壊して初めて疲れに気付いたり、
症状が出て病院へ行くと

重篤な病気が分かったりするケースが多いです。

疲れを感じなくても、意識的に休む必要があります。

 一方の「虚証」は疲れへの感度が高いため、

身体の異常に気付き易いです。 「休み上手」です。

〔半身浴〕
37~38度のぬるめのお湯に20、30分ゆっくり浸かりましょう。入浴前には、水分補給を忘れずに。

〔発酵食品〕
発酵食品とは、カビや酵母などの微生物の働きを利用したもので、身体の免疫力を高めるといわれており、私達の健康維持のためには欠かせないものとなっています。 この発酵食品には、有名なところで、ヨーグルト、チーズ、納豆、キムチ、醤油、味噌などがあります。 さらに、日本酒、焼酎、ビール、ワイン、パン、鰹節、ぬか漬け、たくあんなども製造の過程で利用された微生物がカビなのか、細菌なのか、酵母菌なのかの違いがあるだけで、これらも発酵食品ということは実はあまり知られていないようです。 通常だと、腐った食べ物は食中毒や下痢を起こす原因になるので食べることはできません。しかし、発酵させた食品は味をまろやかにし、特有のおいしさを作り出すことができるのです。



Modos zen que não ficam com raiva

2020年5月13日

誰でも毎日穏やかに、笑顔で過ごしたいものでしょうが、なかなかそうもいきません。

仕事をしたり、人とかかわっていると、腹立たしい出来事は次々と起こります。
そんな時にいちいちイライラしていては体がもたないとはわかっているものの、
うまく気持ちのコントロールができなかったりします。 「思わずイラッとしてしまった時」の対処法を紹介します。

■おなかからゆっくりと深く呼吸をする

 イラッとしても、その気持ちを相手にぶつけてしまっては、人間関係が壊れてしまいます。
そんな時は、自分の「呼吸」に気持ちを集中させてみましょう。

 下腹を意識して、ゆっくりと深い呼吸を5~6回繰り返すと、
次第に心が落ち着き、それまで気づかなかった周囲の物音や風景を感じ、
怒りによって狭まった視野を広げることができるようになります。

 実は、呼吸と心には密接な関係があります。
呼吸は心に直接働きかけ、気持ちを安定させる力を持っているのです。
呼吸を整えると血流がアップし、逆に呼吸が乱れると血流が低下するとする実験データもあり、
呼吸が心身に与える影響は科学的にも証明されています。

■湧いてきた怒りは、放っておく

 イライラしたり怒っている状態は、静かな湖に小石が投げ込まれ、
波紋が広がっている状態に似ていると、著者の桝野さんはいいます。
そして、待っていれば波紋が消えるのと同様、
心の波立ちもそのまま放っておけばいつかは消える、とも。

 「怒っちゃダメ」「忘れなきゃ」と思うのは逆効果です。
怒りを感じたら、無理にその感情を抑えつけようとせずに、
目の前のことに集中するようにすると、
波立っていた心が鎮まるはずです。

■被害者意識を消す

 人からひどい仕打ちを受けたり、理不尽なことで怒られるのは腹立たしいものです。
そんな時、確かにあなたは「被害者」なのかもしれませんが、
その被害者意識こそが自らの怒りの元凶だということも忘れてはいけません。

 そんな時は「私を鍛えようとしてくれているんだ」と、被害者の立場をとることをやめて発想を逆転させてみると、
怒りに捉われない、軽やかな生き方ができるはずです。

 怒りや苛立ちなどマイナスの感情をいつまでも引きずっていては、楽しいことも楽しいと感じられませんし、
おいしいものもおいしいと思えません。

40Livro de refeição da conta a seguir uma dieta

2018年3月9日

ダイエット食
 ダイエット中だからと、間食は我慢していませんか?
我慢できる人なら良いのですが、これがストレスになって、暴飲暴食をしてしまうなら、
逆効果ですよね。
そんな人にオススメなのが「一日5食ダイエット」
その名の通り、1日に5回食べても痩せられるというものです。
この方法は、医師や栄養管理士も勧める、理にかなったダイエット方法なんです。
 1日5食にすることで、食事の間隔が短くなり空腹を感じにくく食べ過ぎを防止することができます。
また、血糖値が安定するため、インスリンの分泌が抑えられて脂肪として蓄積されにくくなります。そのため、ダイエット効果が期待できるというわけです。
シミの原因になる活性酸素。活性酸素を作られにくくするために1日5食にする方法が有効なのだそうです。
シミの原因である活性酸素。血糖値が高い状態が続くと活性酸素が作られやすくなってしまいます。
1日5食にすると、血糖値が急激に上昇することを抑えることが可能になるため、活性酸素の生成を抑制してくれるということです。

 1日5食ダイエットの場合、3時間おきに食事をすることが目安になります。
例として、1食目(朝食)が8時の場合、以下の様になります。
? 1食目…8時
? 2食目…11時
? 3食目…14時
? 4食目…17時
? 5食目…20時
1食目が7時の場合は、以下の時間が目安になります。
? 1食目…7時
? 2食目…10時
? 3食目…13時
? 4食目…16時
? 5食目…19時
3食の食事+間食2回
1日5食ダイエットの食事方法は、3食+2回の間食と言うとイメージしやすいかもしれません。朝食は1食目・昼食は3食目・夕食が5食目。そして、2食目と4食目が間食となります。
? 1食目…朝食
? 2食目…間食1回目
? 3食目…昼食
? 4食目…間食2回目
? 5食目…夕食
1日の摂取カロリーは増やさない
 食事の回数を増やしても、1日の摂取カロリーは多くしないようにしましょう。
通常3食の場合、各食事の摂取カロリーが2000kcalの場合、5食で2000kcalを摂取するイメージです。
【1日3食の場合】
? 朝食…500kcal
? 昼食…700kcal
? 夕食…800kcal
合計…2000kcal
【1日5食にした場合】
? 朝食…400kcal
? 間食…200kcal
? 昼食…600kcal
? 間食…200kcal
? 夕食…600kcal
合計…2000kcal
栄養バランスの食事にする
 ダイエットでは、摂取カロリーだけでなく栄養バランスも大事です。
たんぱく質・脂質・炭水化物(糖質)・ビタミン・ミネラル・食物繊維をバランスよく摂取できる食事の工夫が必要です。
? 1食目(朝食)…フルーツ
? 2食目(間食)…ナッツ類
? 3食目(昼食)…ごはん、肉または魚、野菜、汁物
? 4食目(間食)…ヨーグルト
? 5食目(夕食)…ごはん少なめ、豆腐などの大豆製品・海藻サラダ・汁物
 上記はひとつの例です。間食は、栄養価が高く糖質が少ない(血糖値が急上昇しにくい)ナッツ類・低糖ヨーグルト・チーズなどが良いでしょう。
摂取カロリーや栄養バランスが考えられている食事メニューですね。間食をしているため、夕食は軽めでも満足感があるのだそうです。間食には、ビーフジャーキー・スルメ・野菜スティックなどもオススメということです。
1日5食ダイエットは、血糖値を安定させ食欲をコントロールし痩せる方法です。そして、食事の回数を増やすだけでなく、摂取カロリーや栄養バランスを考慮した食事にすることも重要になります。ただ食事回数を増やすだけでは太ってしまう可能性があるので、注意しましょう。

Exames médicos não são

2017Em 27 de outubro.


Acredito que exames médicos tendo todos poderão ser saudável.
No entanto, a evidência é ambígua.
De acordo com a pesquisa do Ministério da saúde, trabalho e bem-estar dos testes de diagnóstico típicos 24-saúde
Só que há evidências da eficácia em termos de redução na prevenção da doença e a morte é apenas 6 itens.
Os 6 itens e pressão arterial, altura, peso, beber, fumar e depressão, teste de tolerância à glicose.
É que ele deve flutuar entre resultados de teste e outros itens não são.
Problema é que as normas médicas olho muito rigoroso.
O problema do Japão não é dividido em diferentes faixas etárias.
20Há um bom-ano-velho e homem de 80 anos de idade são a mesma pressão de sangue.
40É o que sentia era razoavelmente anticientífica, e pressão arterial normal é dito "idade 90" anos atrás
Se você deseja que o valor de referência atual (135 / 85 mmHg) de é muito científico.
Valor de colesterol e 220 mg no Japão?As normas foram
Nos Estados Unidos até o anos 30 e 220 mg?A 245 mg 40 anos?A mais de 50 anos de 265 mg /?E o limite de idade se transformou.
Aumenta o colesterol, especialmente após a menopausa.
É que as pessoas que não bebem, em média, 55% das pessoas no Japão e precisa de medicação.
Em suma, ele está passando por exame a fim de ser saudável, mas inversamente tem estado doente.
Acredita-se especialmente para idosos valores relativos proteger forçosamente tomando anti-hipertensivos, drogas, medicamentos para diabetes e faz com que problemas inesperados.
É que a pressão arterial pode cair também e correu para o açúcar no sangue cair.
Caiu e dobre o osso, torna-se acamada em demência com versões anteriores do que não.
Dose é frequentemente consultados médicos.
Raios-x para detectar câncer de pulmão não faz sentido.
O que foi feito para começar a encontrar o raio x de tuberculose para pacientes com tuberculose tinham quase desaparecido,
É ligado a pretexto da descoberta do câncer de pulmão.
Caso contrário eu não perderia muito raio x empregos tecnólogo.
Câncer de pulmão, como os encontrados em um raio-x é que o estado já está em curso.
Encontre o câncer de pulmão em seguida, ele deve verificar o tridimensional por CT ou ressonância magnética.
Se você tem 50 anos, 60 anos também é o seu corpo e realizá-lo, então se você tem anormal deve ter ido de muitos anos.
1-não vá ao médico se cura em 2 semanas.
Mais de 2 semanas, se seguido pelo anormal naquele hospital devo ir para.
Você poderia, por outro lado, CT ou ressonância magnética parece bem manchas também.
Por exemplo, realizar um tratamento de cirurgia de cérebro arriscado exigido não pequenos coágulos de sangue encontradas no cérebro e tentar eliminá-lo, falhou, e
Hemiplegia e também lá está.
 Mal é afetado pela triagem ou check-up, do que se preocupar sobre a condição do corpo enfrentando obedientemente.
Ilegal deve ser capaz de viver uma vida saudável a partir disso, espero.

Coma o que quiser

2017Em agosto, 20:00


Gosto de comer comida e comer apenas o que você gosta é comum no mundo animal.
Longevidade no mundo atualmente é 117 anos a Itália, desde quando eu era pequena come todos os dias ovo 3 quando foi.
Não me importava de colesterol.
Longevidade de todos os tempos que odiava legumes. Em vez disso, parece que gostava de chocolate, vinho tinto, carne, etc.
Primeiro de tudo é gostos em alimentos são determinados pela Constituição.
São pessoas de índole fria que preferem carne, legumes e cerveja que aquece o corpo e o vinho tinto.
Em outras palavras, é precisamente o que sinto e quero o meu corpo para comer a melhor saúde.
Para dizer moderadamente, mas deixar um pouco de comida na frente de dieta torna-se bastante estressante.
Também chamado de mastigar e comer, mas eu mastigar comer 30 vezes é divertido, torna-se não estressante.
Enganado por transbordando de informação de saúde, deve ser determinado pelo juízo.
Qual é minha comida favorita é primeiro selecionado pelos cinco sentidos, então deve levar à saúde.
Açúcares limitada recentemente prevalente.
Mas o maior risco para os idosos a fazer isso.
Aumenta o risco de queda, caindo de açúcar no sangue.
100Muitas vezes as pessoas dizem algo doce e gostam de ouvir os idosos com idade superior.
Perder peso também é bom não precisa imitar as pessoas mais velhas podem ter.
Composto para comer molares de cereais que 20 é óbvio que se você olhar para a forma dos dentes humanos, você tem 32 dentes.
8 dentes para comer frutas e verduras nos dentes caninos para comer carne e ovos é apenas quatro.
Dieta comer cereais acho que obviamente não é natural.
Ele está sendo usado para queimar como energia em vez de proteínas musculares e iria limitar a ingestão de carboidratos também.
Para que a restrição extrema de carboidratos poderia acabar reduzindo o músculo massa.
É importante comer proteína de alta qualidade, por outro lado, os idosos.
Pessoas saudáveis que comer frango, mas isso não é necessariamente correto.
Carne de porco e a carne é as vitaminas e minerais como o ferro são abundantes.
É carne magra ou carne de porco pode obter nutrientes necessários eficientemente.
Não é saudável como exercício você tem frango no forno é quase uma carne METABO não exerce, assim a imagem em geral.
Só como coisas mais quente que o nutritivo e saboroso come.
Foi um atalho para o envelhecimento saudável.

Não me levantar cedo.

20171 de julho de 2010


歳をとるごとに眠りが浅くなり、ぐっすり眠りたくても、夜中の2時、3時に目が覚めてしまい、
なかなか寝付けず、結局、昼間に睡魔に襲われて元気がない、そんな睡眠の悪循環に陥っている人が多いです。
 だが、比較的時間の自由の利く高齢者だからこそ、睡眠のとり方はもっと自由な発想でいいです。
早寝早起きを金科玉条のようにする必要はまったくないです。
二度寝はよくないイメージがありますが、ストレスや鬱状態を緩和する効果があります。
ストレス耐性を担う「ホルモンにコルチゾール」と呼ばれる物質があります。
これは目覚める1~2時間前から急激に分泌が盛んになります。
「コルチゾール」の分泌によって、心がウォーミングアップし、その日のストレスに備えるのです。
二度寝をすることによって、「コルチゾール」の分泌はさらに続き、結果的に入念なウォーミングアップをすることになるのです。
二度寝は、ストレス軽減に重要な役割を果たしているのです。

  同じく、これまであまりイメージの良くなかった昼寝に関しても、最近は非常に健康にいいことが科学的に証明されてきました。
特に高齢者の人は昼寝をしたほうが心臓の病気が減ることが判っています。
さらに認知症にもなりにくいと言われています。
30分以内の昼寝を習慣づけている人は、そうでない人に比べて認知症を発症する確率が5分の1ほどにまで下がるという調査もあるのです。
 ただし、長く寝すぎるのは禁物です。
1時間以上仮眠している人は認知症のリスクが倍になってしまいます。
昼寝のし過ぎで睡眠のリズムが狂うんです。

若い人なら20分、高齢者な30分くらいを目安にしたらいいでしょう。
仮眠を取る前にコーヒーなどカフェインの入った飲食物を摂取しておくと、目覚める頃に覚醒効果が出始めるので、スッキリと起きられます。

 また歳をとれば、睡眠が浅くなるのは自然の摂理です。
眠くないときは無理にねむらなくてもいいと、気楽に考えておけば、不眠に悩む必要もなくなります。
夜の7時頃に寝て、夜中の2時頃に目覚めてしまう人もいるでしょう。
そこで、早く起きられてラッキーと思えるか、もっと寝なければと無理に布団に潜り込むかで、睡眠全体の質が変わってきます。
早起きしてもやることがないというならば、寝付く時間を遅くした方がいいです。
大切なのは目覚める時間を一定にすることです。
 理想的な睡眠は7時間といった結果が出るのですが、睡眠は非常に個性的なもので、個人差や年齢差が大きいです。
こうでなければいけないといった強迫観念があると、余計に睡眠の質が下がるので、気楽に考えましょう。
眠くなったら眠り、眠くなければ起きていればいい。
そんな自由気ままな生活が一番健康的ということです。