RSS 公告

2醫療護理公告

2024年1月22日

 暦の上では大寒とはいえ、冬晴れの穏やかな日々が続いております。
お元気のことと拝察いたします。
 さて、2月は下記の要綱で診療・休診させて頂きます。


2月11日(月)建国記念日   通常通り診療         
2月24日(金)天皇誕生日   通常通り診療  

2月5 日(月)午後の診療   臨時休診

 
  
 暖かい春を待ちわびつつ、皆様のご多幸をお祈り、診療に精進してまいります。
 今後とも、ご厚情たまわりたく、切にお願い申し上げます。   


年末年始のお知らせ

2023年12月15日

年末年始の休診お知らせ

12 月 29 日 (金) 休診
     30 日 (土) 休診
     31 日 (日)休診
 1 月  1 日 (月) 休診
      2 日 (火) 休診
     3 日 (水) 休診


 本年中は格別のご厚情を賜り感謝にたえません。
ご家族皆々様おそろいにて、幸多き新年をお迎えこととご祈願させていただきます。
池田針灸

8醫療護理公告

2023年8月7日

8醫療護理公告

 目もくらむような真夏の日差しのパワーが、
ますます皆様の発展の後押しをしていることと存じます。
 さて、8月は下記の要綱で診療・休診させて頂きます。


8月11日(金)山の日  平常通り診療

8月13日(太陽)      休診
  14日(月)      休診
  15日(火)      休診
 


 まだしばらくは厳しい暑さが続くと思いますが、体調管理には充分気をつけてお過ごしください。


7醫療護理公告

2023年7月9日

  盛夏の候、皆様ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 平素は格別のご高配を賜り、心から感謝いたしております。
 さて、7月は、下記の要綱で、診療させていただきます。


  7月18日【月】   海の日 
             平常通り診療

 
 これから夏本番ですが、どうかお元気でお過ごしくださいますようお祈りいたします。

4週一/五月 醫療通知

2023年3月29日

4週一/五月 醫療通知

春は「木の芽時」(このめどき)」。
草木が芽吹く頃は気温の変化も大きく、疲労が蓄積し、
ホルモン・免疫・自律神経系にも影響が出やすい季節です。
鍼灸治療で腰痛や膝痛、心身症など様々な症状に対して、
改善をしてきており、また部分的な治療だけでなく、
トータルでケアができる池田鍼灸治療院でお待ちしています。

4月19日(水) 午後の部 休診
  29日(土) 昭和の日 休診

開始治療

2023在2月15日。

親愛的先生們,梅花天氣 我要祝賀大家的成功。

順便說一句,這一次,2月9日,電暈抗體檢測呈陽性,
他現在的檢測結果為陰性,並且已經康復,沒有癥狀。
15當天,救藥被釋放。

2月10日~15日暫時關閉,
2醫療將於5月16日恢復。

此外,我們將採取措施防止新的冠狀病毒感染的傳播並提供醫療服務。
對於由此給您帶來的不便,我們深表歉意,並感謝您一直以來的惠顧。
親切問候

2每月醫療通知

20232 月 6 日 -

2月の診療のお知らせ

  節分が終わり、いよいよ春の到来を待ちわびる頃となりましたが、何卒体調管理にご留意ください。 
 さて、2月は下記の要綱で診療させて頂きます。

2月11日(土)勤労感謝の日 
   平常通り診療いたします

  18日(土)   臨時休診
 
23日(木)天皇誕生日 
   平常通り通り診療します

新年快樂

20231月4日

新年快樂。

 池田鍼灸治療院です。旧年中は、いろいろとお世話になり誠に
非常感謝。

 今年は昨年以上に、皆様の健康長寿にお役に立てれるよう最大限の努力させていただきます所存ですので、
変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

封閉的公告

2022年11月25日

封閉的公告

 冬のひだまりがことのほか暖かく感じられる寒冷の候、皆様におかれましては、いよいよご壮健のこととお喜び申し上げます。

 下記の要綱で、臨時休診させて頂きます。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。


12月2日(金)午後の診療 休診
12月3日(土)      休診
 
 
 コロナ禍もございますので、くれぐれもお体にご留意のうえ、お過ごしください。


第17回公益法人 日本鍼灸師会全国大会IN愛知 公開講座 多職種で人を診る「統合ヘルスケア」

2022年11月15日

腹が痛い、足がひきつる、頭が痛む、腰が痛い、肩が凝って仕方がない、
胃がん、糖尿病、うつ病だ……などと様々な病気がこの世にはあります。
こうした病気にかかったときに、私たちは悲観して憂鬱卑屈になります。
 その時その場の状況に応じて、取るべき手段を尽くすとともに、
最も根本的な原因になっている社会環境、家庭環境、精神状態を、
健全な方向に引き戻し、生活を健康なレールにのせるよう、直ちに取り掛からねばならないのです。
 
 今回は講師の一人に名古屋大学医学部附属病院総合診療科の医師 伊藤京子先生を予定しています。
 人を健康にするものを理解し、患者の健康管理、維持、回復を支援するために、複数のケア方法を用いることが統合ヘルスケアです。
これは、予防から治療、リハビリテーションと回復までの範囲を網羅しています。そして、個人、家族、地域社会の行動変容を促進するものです。

 個人、家族、地域社会の行動変容を促進すると、その病気はぐんぐんよくなるのです。
精神状態が一瞬にして変わってしまうと、一瞬にして病気も快方に向かうのです。
その関係は、実に微妙であり、精緻であって、まったく素晴らしい作用反作用しあっているものです。