漢方の暮らし 第98話 漢方の基本は「整体観念」

2024June 3 -

 「整体観念」とは一言でいえば、「人間の身体は丸ごと一つになって宇宙の中に存在している」という考えです。

 人の身体は自然界からいろいろな影響を受けながら、五臓はそれぞれの役割分担をもって強調してバランスをとっています。
一つの臓器の働きが乱れると、他の臓器にも影響が及びます。

 様々なストレスを受けながら、人体は五臓を中心の六腑や皮膚などと経絡系統を通じて身体全体がバランスを取りながら、存在しているのです。

 具体的に言うと、私たちの臓器や組織は単体で働いているわけでなく、一つの臓器にトラブルがあると、他の臓器に影響したり、またそのトラブルを他の臓器が手助けするというシステムが構築されているのです。

 そこで、漢方・鍼灸の治療は表れている疾患だけでなく、身体全体を観察するという方法になります。

 この「整体観念」こそが、身体の臓器や器官、皮膚などをパーツごとに考え、悪い部分だけを治療する解剖学的な西洋医学との大きな違いです。

 漢方か西洋医学か、どちらに軍配を上げる必要はありません。
必要によって賢く治療法を選び、健康に役立てることが出来る時代です。


?Gg[???ubN}[N??