2024May 15 -

Life in Chinese Medicine Episode 93 Meniere's Disease and Acupuncture

2024May 15 -

 メニエール病の原因と症状

 ふらつきやMeniere's diseaseは、内耳にあり、体の平衡をコントロールする三半規管に、過剰な水分が溜まり、そのために体がふらつく、回転性のめまいや耳鳴りがし、視界が揺れてみえたりする、一連の症状がおこる病気です。

 メニエール病を中国医学(中国の伝統医学)で改善するには、体内の水分のめぐりをよくするために腎臓の働きを強め、尿の出をよくする“補腎利水(ほじんりすい)”の方法を用いて、症状改善、体質の改善を行います。

◎腎を強化する

 腎内耳にある三半規管は、人類の進化の過程の中で、もともとは人類の祖先が魚類の時代に合った平衡器官である側線(魚の体の両側にある筋状の器官)を、金魚鉢の中に組み込んだような構造をしており、その金魚鉢の水が過剰に溜まることによって、めまいや耳鳴りが起っているものと考えられています。
 そこで、中国医学では、体の水分をコントロールする動きの中枢である、五臓のうちの一つである『腎(じん)の強化を行います。

 日常においては、塩分や甘味のとり過ぎを控え、めまいやふらつき、難聴、耳鳴り等の症状が緩和して来たら、生活の中に散歩などの運動を取り入れて、体力の強化をはかりましょう。