Life in Kampo Episode 86 The Autonomic Nervous System Necessary for Living

2024年4月15日

 人間は精神的なストレスや気功の変化などから身体を守る力「ホメオスタシス」を持っています。
怪我をすれば傷を治す免疫力が働き、暑い時は汗が出て身体を冷やし、寒くなると毛穴が閉じて身体を温める、
お腹がすけば食べたくなる、など自分で考えなくても、身体が勝手にバランスをとってくれるシステムがあります。
これを「ホメオスタシス」It is called.

 ストレスを受けた時に働いてくれるのは「自律神経」Are.
「自律神経」は循環器、呼吸器、消火器などの活動を調整するために働いています。
「自律」というように、心臓や肺、胃腸は人間が意識しなくても勝手に働いています。
そうでないとウッカリ心臓の拍出を忘れたり、呼吸を忘れてしまったら大変なことになりますからね。
 自分で考えてスイッチを入れたり切ったりしなくても、昼には活動するために主に「交感神経」が働き、
夜にはメンテナンスのために「副交感神経」が働きます。
 健康な人なら、意識しなくても勝手にバランスをとって働いてくれるのです。

 ところが、春は季節的な変化や環境の変化がいつもより多くなります。
すると、デリケートな方だと「自律神経」がそのような変化についていけずに、バランスを崩しやすくなるのです。


?Gg[???ubN}[N??