2022年9月

新型コロナには「衛気」と「営気」

2022年9月28日

 体の基本物質とされる「気」には、「宗気」「営気」「衛気」「元気」の4種類あります。

 「宗気」とは、主に呼吸や血液循環のエネルギーとして働く気のことです。
食べた物から得られた栄養(水穀の精微)と、酸素(自然界の清気)が合わさって作られるものです。
胸の辺りに存在し、呼吸・心臓のポンプ作用・発声などに関与します。

 「元気」は、父母から受け継いだ「精」は五臓の「腎」に貯えられます。
「元気」は主に成長発育のエネルギーとして、また生命の根本的なエネルギーとしての位置づけとなります。

 「営気」は体の隅々まで栄養分を運んで元気を維持してくれている衛生兵です。
 
 「衛気」は寒邪、燥邪、湿邪などの外界からの影響や、ウイルスや細菌から体を守っている防衛隊です。

 「衛気」は体の表面を流れて体を防衛し、「営気」は体の内側を流れてお互いに協力して体を守っています。
 寒邪、湿邪などの影響が強かったり、ウイルスの攻撃力が激しかったりして「衛気」が体を防衛できないと「営気」にダメージを与えます。
 食欲がなくなったり、消化吸収の働きが悪くなったりします。
「衛気」の不振は「営気」に及び、栄養不足からますます病気が重くなってしまうわけです。
 また逆に「営気」の働きが悪くなって、体の栄養が不足すれば、体を防衛する「衛気」が衰えます。

 「衛気」と「営気」のどちらかの働きが悪くなった状態を「衛営不和」といいます。
 「衛気」の働きが悪くなって感冒やインフルエンザにかかっても、栄養を十分とって「営気」の働きを強くすれば、菌やウイルスは退散してしまうわけです。
 インフルエンザや新型コロナウイルスの予防には「衛気」と「営気」の働きを常に強くしておくのが原則になります。
 つまり栄養をしっかりとって、十分な休養をとり、「肺」の防衛力を強くしておくことです。

令和5年度はじめ式

2022年9月13日

  9月9日ANAクラウンブラザ?ホテルで開催された「令和5年度はじめ式」に参加させていただきました。
 3期目の事務長を拝任しました。

 お役に付くことで新しいプレッシャーが生まれる。
それを超えるため、また応えるために前進する。
当然いろんな苦労もあるが、すべてを学びを変え成果に繋がった時、役が人を育てると感じました。
これかれらは明朗・愛和・喜働を忘れないで役職を遂行して参ります。

秋の養生

2022年9月7日

秋の養生

 夏の暑さが徐々に和らぎ、過ごしやすい気候の秋。
季節の変わり目ということもあり朝晩と日中の寒暖差も激しく、体調を崩しがちな時期でもあります。
この時期に入ってくると喉や鼻、皮膚が乾燥したり痒みを感じる方が多くなります。
 東洋医学の観点から見ると秋は「燥」の季節となり、「燥邪」の影響を受けやすいからだと考えられています。
人間も自然の生き物。自然とのバランスを保つことで健康を維持できると言われています。
四季の移り変わりが大きな日本では、季節の変化が身体にもたらす影響を考え、
対応していくことで体調を維持できると考えます。

乾燥から身体を守る

 喉が乾燥すると風邪をひきやすくなってしまいます。
加湿器や濡れたタオルを使い部屋が乾燥しないようにする、
外出時にはマスクをするなど上手に対処していきましょう。
 また秋は身体を潤す効果のある梨やぶどうがお勧めです。
不足しがちなビタミン・ミネラル類が豊富に含まれているだけではなく潤いも補ってくれます。
特に梨の皮は、喉や肺を潤して咳止めの生薬として用いられるほどです。

気持ちの波に注意する

 秋はなんとなく淋しくなったり気分に波がでやすい季節です。
気分が落ち込むと身体の気の流れが悪くなってしまいます。
そのため、意識的にリラックスできる時間を作る事も、この季節の変わり目を上手に過ごすポイントとなります。
 おもいきり深呼吸して秋の澄んだ空気を感じてみてはいかがでしょうか?
きっと気の流れも整えてくれるはずです。

冬を元気に過ごす準備をする

 夏の疲れを回復し、これから来る厳しい寒さに備える為に無理なくじんわり身体を整えられる季節です。
中医学の古典で「秋は早寝・早起きをして安定した生活を送るように」と書かれています。
早寝で陰を養い、早起きをすることで陽気を入れ身体の内側から陰陽のバランスを整えていきます。
 この時期に身体と心を整える事は、冬を元気に過ごす準備になります。
寒い冬を元気に過ごすためにも今からしっかり養生しましょう!