2021年10月27日

良い眠りを得るには  「体温」「食事」「光」が大切

2021年10月27日


 その日の体調やストレス、周りの環境などによって、よく眠れなかったという経験は誰にもあるはずです。
昼と夜のメリハリをつけて、まず大切なのは、昼は活動的にすごし、夜はリラックスして過ごすことです。
そのメリハリで深く眠れます。

 睡眠・覚醒と体温は連動していて、
深い眠りに入るために体の中心部の体温「深部体温」を下げる必要があります。
夕方以降に軽めの運動をしたり、ぬるめの湯につかったりすることでいったん体温を上げておくと、
就寝時との体温の落差が大きくなり、スムーズに眠れます。

 次に食事。
お腹に食べ物が入った状態では寝付きも悪く、深い眠りが得られないばかりか、肥満や便秘の原因にもなります。
夕食は早めに済ませましょう。

深夜に明るい光は避けて
 そして、今や一人に一台以上が当たり前になったパソコンやスマホなどの電子機器を夜遅くまで使う生活はやめたほうがいいです。
これらのLEDから強く出るブルーライトという光は、睡眠・覚醒のリズムのほか、
ホルモンなどの分泌周期をコントロールする「体内時計」を乱します。
 光の問題もあるが、
夜遅くまでパソコン作業に没頭するようなライフスタイルそのものが、脳を興奮させて眠りにくくしています。
夜は部屋の照明もやや暗めにして、ゆったりした気分で過ごし、「シンデラタイム」を守って就寝しましょう。
 そうは言っても、
仕事が押していて十分な睡眠時間が取れない人に、眠りなさいと言って無理な話かもしれない。
出来ることから行ってみてください。

 なお、何時間寝るのが一番いいのか??
個人差があるため過度にこだわる必要はないが、7時間をめどに30分増やしたり減らしたりして、
昼間の調子が良い睡眠時間を見つけるのがいいでしょう。