202113 de outubro de 2010

Dor no peito, suspeita de doença grave, Parte 2

202113 de outubro de 2010

どんな人に、どんなときに現れるか

 胸痛で気を付けたいのは、中年~高齢者です。
強い胸痛を訴えて見た目にも重症感がある場合は、躊躇せずに救急車を呼ぶようにしてください。
呼吸困難や意識低下がみられる場合も緊急事態です。
胸痛のすべてが生命に関わるわけではありませんが、発熱やせき、皮膚の変化(赤みや水疱)、
胸やけなどの症状がある場合は注意が必要です。
呼吸によって胸痛が変化する場合は呼吸器の病気、
食後や寝ているときに胸痛が出る場合は消化器の病気(胃食道逆流症など)の関与が考えられますが、
例外も多く一概にはいえません。
1週間以上続くようであれば医療機関を受診してください。

どんな病気が関係しているか
「胸痛」の症状が現れる主な病気の中で、発症頻度の高いもの、特徴的なもの、
注意が必要なものをとりあげました。
症状とその特徴 説明 疑われる主な病気
・電気が走るようなチクチクした痛み(身体の左右どちらかに起こる) 肋骨に沿って走っている神経が痛む。身体を動かしたときに痛みを強く感じることがある 肋間神経痛

・強い胸の痛み(15分以上続く)
・動悸、息切れ、めまい、不安感、脱力感など 心臓に血液を運ぶ冠動脈が詰まり、栄養が足りなくなって心筋が壊死してしまう 心筋梗塞

・急に起こる激しく鋭い胸痛(裂けるような感覚)
・背中の痛み
 大動脈の壁の3層構造の一部が剥がれ、そこに血液が流れ込んで血管壁が裂けていく 大動脈解離

・鋭い胸痛(息を吸うとき)
・息苦しさ 肺の動脈に血栓が詰まる。血栓の多くは足の血管でできたもの 肺塞栓症(エコノミークラス症候群)

・胸痛(ピリピリ感、肋間神経痛)
・皮膚に赤みや小さな水疱が帯状にたくさんできる 症状は身体の片側に現れる。
 水痘(水ぼうそう)にかかったことがある人に起こる。最初は水疱がみられない 帯状疱疹

・胸痛、胸やけ(食後、横になったときに悪化する)
・長引くせき
 胃酸がのどに逆流することで粘膜に炎症を起こし、痛みが起こる 胃食道逆流症

《パニック発作》
・突然の強い不安
・めまい、動悸、息切れなど
 特定の状況でパニック発作が起こる。発作の一部として胸痛が出ることもある パニック障害