Para "Akira, Aiwa e Kiki", sete pequenas ações diárias (7Act)

2021年6月23日

緊急事態宣言下にあった今年4月~6月を通じて、これまでの人生で経験したことのないような「転換点にいる」という思いを持った人も少なくないのではないでしょうか。
 多くの人が、何ら準備をする間もなく、自宅待機や在宅勤務を余儀なくされたことで、
これまで考えなかったことを考えたり、気づかなかったことに気づいたり、
一方で、先の見えない漠然とした不安に駆られたりもしました。

 これからどんな社会になるのか、自分の仕事はどう変わるのか、自分に何ができるのか、
どんな仕事を、どこで、どんな風にしていきたいのか。
 これらの不安や苦難から解放される為には、
「明朗、愛和、喜働」といった基本的な行動規範が大事だと思います。
 「明朗、愛和、喜働」の為には、日常の小さな七つの行動(7Act)をべースにすることであり、
日常生活が明朗愛和となり、経営に活かし、社会に貢献することに繋がり、
自分自身の人生経営を磨くことになると思いました。

1、あいさつが示す人がら、躊躇せず先手で明るくハッキリと。
2、返事は好意のバロメーター、打てば響く「ハイ」の一言。
3、気付いた事は即行即止、間髪いれずに実行を。
4、先手は勝つ手5分前、心を整え完全燃焼。
5、背筋を伸ばしてあごをひく、姿勢は気力の第一歩。
6、友情はルールを守る心から、連帯感を育てよう。
7、物の整理は心の整理、感謝をこめて後始末。

 私自身、7Actの行動、全て出来ているかといえば、真逆で出来ていない毎日ですが、一つでも実行出来るよう心構え過ごしたいと思います。
?Gg[???ubN}[N??