2021年5月

心と身体のストレス対策で腰痛は治る

2021年5月19日

 腰痛ケアの基本は、痛くても出来ることは進んでやることです。
痛みを完全に消失するのでなく、痛みに拘ると逆効果です。
むしろ、痛くても動けることを目標にすることで、結果的すごく楽になったというケースが多いです。
痛いから、あれもできない、これもできないと行動を変化させるのが一番よくありません。
 医療機関・治療院での治療は通常、炎症を鎮めて痛みを緩和する保存的治療が主体です。
そのため、低下した心身の機能を元に戻すには、セルフケアが重要になってきます。
 セルフケアの柱は大きく二つです。
運動で活動性を維持することと、脳の活性化です。
どちらも気分と痛みの両方を改善します。
特に運動は慢性腰痛の緩和効果が高く、
ストレッチや腰痛体操は、痛みに対する不安が急に低下させ、また、腰痛予防の効果もあります。
 
 一方、ウォーキングやサイクリングなどの有酸運動は、脳のセロトニンの分泌を促す作用で、
鎮痛効果を発揮するとともに、欝気分を和らげます。
同様の効果はヨガにもあります。
 
 これまでにオビオイド分泌を促す作用が明らかになっているのは、心地よい音楽、
香り、スイーツを食べることなどがあります。
何を心地よいと感じるかは人それぞれです。好きな物を選んでさっそく試してみてください。
 それでも痛みが長引く場合は、周囲に対し依存的になっていないか振り返って見てください。
痛いとき優しくしてくれる人がいると、痛みはなかなか治りません。
甘えが痛みを長引かせていることに、自分で気づけるひとは良くなります。

 脳を直接刺激する方法も、気分と痛みの両方を改善します。
脳には報酬系と呼ばれる部位があり、快刺激を受けるとオピオイド(脳内麻痺)を分泌します。
その結果、気分が良くなるだけでなく、痛みも和らげてくれます。

胡蝶蘭 咲く

2021年5月9日

 母が逝去して、3回忌を経て、3年目の年を迎えました。
初盆に、母への供花として購入した「胡蝶蘭」が3回咲き誇りました。
今までも、母は「胡蝶蘭」が好きで、よく購入していましたが、水のやりすぎなどで、毎回枯らせていました。
 これは、母から「純粋倫理を実行せよ」と教示されているのだと思い、
早速、お墓参りし、母への感謝と礼を尽くしてきました。

 「胡蝶蘭」の花言葉は「清純」「幸福が飛んでくる」。白の胡蝶蘭は「純粋」です。

 「純粋倫理」と「くらしのみち」です。
自分をとりまく多くの人々や、物や自然との関わりなしには生きられない私たちです。
そこには、おのずから社会生活の規範が生まれます。
人と人、人と物、人と自然の間にある道。
幸せに生きるくらしみち          丸山敏雄氏の言葉