2021年February

コロナ渦での恩恵  死亡者減少

2021年2月24日


 新型コロナウイルス感染者急増により、大病院が患者を受け入れず、感染を恐れた
「受信控え」が発生しています。
国民の健康状態が悪化し、死者が増えるかと思いきや、逆に死者が減少しました。
昨年は125万人で、前年同期比で約1万5000人減少しました。
世界はまったく逆で、米国では36万人増、英国では8万人ほど超えました。
 なぜ、日本では新型コロナウイルス発生にもかかわらず、死者が例年より減ったのか??

 「病院に行けば行くほど日本人は死ぬ」
という不都合な真実の可能性を示すのです。
本来、病気を治す場であるはずの病院が「死のリスク」とは何なのか。
病院に行けば うつし、うつされる
 病院に行くこと自体、他の患者からウィルスや菌をもらうリスクがあり、
病院にいくことによって他人に感染させる恐れがあります。
MRSAは人間の皮膚や鼻腔、咽頭などに常駐する菌で、一般的に健康な人には無害です。
しかし、入院中や通院中で免疫力が弱っている人が感染すると、
呼吸器感染症や肺炎などを起こします。最悪の場合、肺炎による呼吸器困難や敗血症などで死亡します。

「副作用を止める薬が 副作用を起こす」
 死者が減った要因として「多剤併用の改善」の影響です。
65から74歳の約30%が5種類以上の薬を処方されており、75歳以上になると5種類以上の薬を処方されていました。
 新型コロナウイルスによる受信控えが多剤処方にブレーキをかけて、死者が減った可能性があります。
 だからといっていきなり薬を止めることも危険を伴います。
多剤併用のリスクを充分に理解し、担当医師や担当薬剤師とじっくり話し合うことが必要です。

「余計な手術するな」
 余計な手術によって患者の健康リスクが増す場合があります。
休眠状態で分裂をやめている癌細胞が手術の刺激で目を覚まして、分裂増殖を再開することがあります。
余計な手術が悪影響をもたらすのは、癌自体の悪化ばかりではないです。
合併症や免疫力を低下させ、かえって全身状態が手術前より悪化することもあります。

 新型コロナウイルスを機に、病気について問い直す時期を迎えたのです。
病気は、直ぐに医師や薬に頼っても完治しません。
「病は心のひがみ、ゆがみである」から、何よりもまず、その心の暗影を取り去り、明朗愛和な毎日を過ごせば、免疫力もアップし、精神的にも強くなります。
病気の苦痛は和らぎ、その病気はぐんぐんよくなるでしょう。

お茶でコロナが消える

2021年2月13日


「茶は養生の仙薬なり」
鎌倉時代の禅僧・栄西が『喫茶養生記』に記したように、お茶は古くから万病に効く薬として重宝されてきました。
それから800年以上の時が流れたいま、お茶が新型コロナウイルスにも効果を発揮する可能性が浮上しています。
 奈良県立医科大学の矢野寿一教授によると、お茶の効果によってコロナが不活性化されることが明らかになりました。
お茶に含まれる「カテキン」の効果です。
コロナの表面には、細胞が侵入する際に使うトゲ(スパイクス)に付着して感染力を奪うのです。
「カテキン」は、お茶の渋みです
 お茶を飲むのでなく、お茶でうがいをすればいいのです。
ウイルスは喉や口内の粘膜や鼻腔にくっ付くのですが、すぐに細胞に入らず、付着したままになっていることがあります。
この状態のコロナなら、うがいすることでカテキンの力により不活性化できるかもしれません。
 「カテキン」は、熱い湯の方が多く浸出します。
熱湯で淹れたお茶を冷ましてから、うがいをするのがおすすめです。

 ウイルスを不活性化する力は期待できないが、水を飲むよりお茶を飲んだ方がいいです。
「カテキン」はコロナに勝つためのもう一つの力を持っています。
それは「抗酸化作用」です。
 コロナに感染すると、体内で炎症が起きて大量の活性酸素が発生します。
これが血管や細胞を破壊し、重症化に繋がってしまいます。
「カテキン」は活性酸素の発生を抑え、ウイルスが体内で広がるのを抑える力をもっています。
 さらに、カテキンは自然免疫を担うNK細胞を活性化します。
お茶を飲むだけで、コロナの症状が出る前にウイルスを撃退できる可能性がたかまるのです。