2020年December

コロナ渦に負けるなーー大政奉還に学ぶ

2020年12月22日

 先月中旬、江戸時代から明治時代に移行し、現在の近代国家誕生の舞台であった、「京都御所」「二条城」を拝観してきました。

 今、我が国世界は新型コロナウイルスによる感染拡大、経済活動の停滞という非常に困難な問題に直面しています。
この危機を乗り越えるためには、恐怖のウイルスに打ち勝つしかありません。それには「こころの免疫力」を高めることしかありません。
「こころの免疫力」を高めるには、「苦難福門」「明朗愛和」
「捨我得全」「心即太陽」「信成万事」など純粋倫理を学び国難を突破しよう感じました。
 江戸から明治にかけて人々の生活や文化が激変し、戦争という災いを乗り越え、今平和国家がある。
よって、今を乗り越えれば、将来の夢につながると思いました。
 14世紀から明治の直前までの天皇の住まいだった場所が京都御所である。
京都御所は中世の動乱ですっかり荒れてしまったが、 織田信長・豊臣秀吉・徳川家康により復旧され公家町が周辺にできるまで回復した。


 二条城は江戸時代に徳川家康によって作られた。
二条城は将軍が上洛(京都に行くこと)する際に使われた。
徳川家康の将軍宣下に伴う賀儀と、徳川慶喜の大政奉還が行われ、江戸幕府の始まりと終わりの場所でもある。また、後の近代においては大正天皇即位の儀式である即位礼の饗宴場として使用された場所となった。

風邪で発熱…湯船につかったり髪を洗ったりするのはNG?

2020年12月13日

日本では昔から「風邪で熱のある時は入浴してはいけない」といわれてきました。
だが近年、さまざまな学会や厚労省の研究班などで科学的評価が行われ、風邪に限っていえば、
“入浴が経過に悪影響を及ぼす”というはっきりした報告は今のところありません。
 風邪を早く治すためには、免疫力を高めることが非常に大切です。
人の体は体温が上がると免疫力がアップします。
だから、風邪のひき始めや熱が下がった回復期など、
症状が軽い時には入浴で体を温めるのはいいです。
 ただし、気をつけることがあります。
それは、あまり熱い風呂に長時間入り過ぎないこと。
体力を消耗してしまうので、風邪の時には、38~40度くらいのぬるめの湯に5分ほどつかるだけにします。
 気をつけたいのは湯冷め対策。体を温めても、湯冷めしてしまっては体調は悪化する一方です。
あらかじめ脱衣所は暖かくしておきましょう。
構いませんが、髪を素早く乾かすことが大事。
体を拭いたと思っても、
風呂上がりはしばらく汗をかきます(2次発汗)。
体を拭いたら、吸水性の高い肌着やパジャマを着るようにしましょう。
できれば風呂上がりは10分くらいバスローブを着て、2次発汗がおさまってから新しいパジャマに着替えるのがベストです。
足元が冷えないように、足もよく拭きましょう。

 風呂上がりには水分補給を忘れずに。
脱水状態は免疫力の低下を招き、風邪の回復を遅らせることにもつながります。
コップ1杯の常温の水または白湯を飲むようにしてください。
 なお、入浴は疲れるので、無理は禁物。入浴したいと思った時に入浴を。「38度以上の高熱が出ている」「吐き気や下痢の症状がある」「頭痛がある」といった時は、入浴を避けてください。たとえ38度を超えなくても、熱で頭がフラフラするような場合は入浴は控えるようにしましょう。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編

2020年12月9日

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編

 先月、大ヒット作「鬼滅の刃」無限列車編」を鑑賞しました。
 あらすじは、「蝶屋敷での修業を終えた炭治郎たちは、次なる任務の地、《無限列車》に到着する。
そこでは、短期間のうちに四十人以上もの人が行方不明になっているという。
禰豆子を連れた炭治郎と善逸、伊之助の一行は、鬼殺隊最強の剣士である《柱》のひとり、
炎柱の煉獄杏寿郎と合流し、闇を往く《無限列車》の中で、鬼と立ち向かうのだった。」です。

 その中で、「夢の境界線外側の無意識領海」の言葉に共鳴しました。
私たちの意識には、意識と無意識という2つの側面があります。
無意識とは、意識では自覚されない意識のことを指します。
意識と無意識の比率は、意識が1~3%、無意識が97~99%とも言われ、
私たちが意識できている部分はほんの一部分に過ぎません。
そして、心臓を動かす、呼吸をするといった生理機能や、
自然と沸き起こる感情や行動・決断についても、もの水面下にある
無意識によってコントロールされています。
 私たちの無意識は、生まれてから今までに経験した体験によって作られています。
多くは、幼少期の時に親や周りの人たちから言われたことや、その環境などから、
自然とその人なりの無意識のパターン、反応、思いこみを形成していきます。
万人幸福の栞6条「子は親の心を実演する名優である」に記載されている内容と共通していると思いました。
幼少期、親としての自覚と愛情が大事であり、子は親を喜ばせ、両親に鏡としてモノを教え、
親の責任を負い、けいこ台をつとめ、緩衝装置の働きをしてくれ、それが引き継がれ今があると思いました。
何処かで歪みがあると、色々な問題や事故が起きる。

 この映画を見て、自分の幼少期から現在に至るまでの人生を巡る思いを感じつつ、反省と教訓を得ました。

年末年始の休診お知らせ

2020December, 6 pm


年末年始の休診お知らせ

12月 30日(水)  休診
   31日(木)  休診
 1 月 1日(金)  休診
 2日(土)  休診
    3日(日)  休診
    4日(月)  休診 
 
   
 本年中は格別のご厚情を賜り感謝にたえません。
ご家族皆々様おそろいにて、幸多き新年をお迎えこととご祈願させていただきます。

Ikeda acupuncture