来自电晕感染漩涡的五个教导

20207月19日

 自粛期間で、経済的あるいは文化的な大打撃を蒙って災難でありましたが、私は5つのことを学びました。
1. 世界はつながっている。
  人間対人間のみちを超えて地球的な視野を持ち、環境保全の 実践を含めたグローバルな倫理として提唱してい る。世界はつ ながっている。
2. 手を洗う。
  パンデミックになる前には、せっけんで死滅する細菌やウイ ルスもあることを知らなかった人も多いかもしれ ない。
3. データに従うべき。
  データが示すパターンは、私たちが何をどうすべきか決断す ることを助けてくれる。私たちは何よりもまず、 データをみる 必要がある。もっと早い段階から、そのようにしていればよ  かったのだろう。まずはとにか  く、今何が起きているのかを理 解することが必要だ。
4.  人間は“超”社会的な生き物。
  社会的距離を取ることは私たちに今後、誰かと一緒にいるこ とがいかに重要であり、互いにふれあうこと(握 手やハグ、寄 り添うことなど、私たちを人間たらしめている社会的な距離の 近さを示すあらゆる行動)がどれ ほどすてきなことかを再認識 させてくれるだろう。
5. 世界は変わる
  私たちはより賢明な人との接し方ができるようになっている かもしれない。普通に行動できるようになり、改 めてそのあり がたみを感じられようになればいい。
?Gg[???ubN}[N??