「現代型 夏バテ」ご用心

2020年6月10日

 夏の疲れは、昔と今ではだいぶ違ってきています。

以前は夏バテというと、食欲が落ちて痩せたが、

最近は逆に太って、うつ傾向になる人が増えています。

かっては暑い中で体力が消耗するから、夏に負けないように、

栄養のある土用のうなぎなどを食べる意味がありました。

今では室内は空調が完備されて、
涼しく、汗をかかないことも。

清涼飲料水やアイスといった冷たい飲み物や食べ物も、
十分に手にはいります。

 現代の夏の疲れの要因は、

冷房が効いた部屋に居続けてお腹や腰が冷えたり、

冷えた室内と暑い屋外を一日に何回も行き来して
自律神経が乱れてしまったりすることにあります。

冷たい飲み物や食べ物は体を冷やすだけでなく、
甘味を少なく感じさせるため、

糖分を摂りすぎて太ってしまいます。

 最新の研究では、精神を安定させる神経伝達物質は、

腸で作られることが判明されてきました。

代謝や免疫、ホルモンなど体を自動的に調節する自律神経や、

胃腸に異常を来せば、脳の調子も悪くなり、
鬱っぽくなってしまいます。

解消するには、

温かく代謝を高める食事をして、糖分を控えることです。

飲み物は井戸水と同じ温度15°以上に心がけ、

スパイスや食物繊維、発酵食品を中心に摂取しましょう。

軽い運動や湯船に浸かって汗をかくと、
自律神経の調整に役立ちます。

 その前に「自分が疲れている」と気付くことが、
最も重要です。

疲れの感じやすさは人によって違い、

東洋医学では大きく「実証」と「虚証」の二つに分けられます。

 「実証」は疲れに対する感度が鈍くなりがちです。

体を壊して初めて疲れに気付いたり、
症状が出て病院へ行くと

重篤な病気が分かったりするケースが多いです。

疲れを感じなくても、意識的に休む必要があります。

 一方の「虚証」は疲れへの感度が高いため、

身体の異常に気付き易いです。 「休み上手」です。

〔半身浴〕
37~38度のぬるめのお湯に20、30分ゆっくり浸かりましょう。入浴前には、水分補給を忘れずに。

〔発酵食品〕
発酵食品とは、カビや酵母などの微生物の働きを利用したもので、身体の免疫力を高めるといわれており、私達の健康維持のためには欠かせないものとなっています。 この発酵食品には、有名なところで、ヨーグルト、チーズ、納豆、キムチ、醤油、味噌などがあります。 さらに、日本酒、焼酎、ビール、ワイン、パン、鰹節、ぬか漬け、たくあんなども製造の過程で利用された微生物がカビなのか、細菌なのか、酵母菌なのかの違いがあるだけで、これらも発酵食品ということは実はあまり知られていないようです。 通常だと、腐った食べ物は食中毒や下痢を起こす原因になるので食べることはできません。しかし、発酵させた食品は味をまろやかにし、特有のおいしさを作り出すことができるのです。



?Gg[???ubN}[N??