2020五年

中醫藥盒第1部分(心脾兩虛)

2020年5月29日

忘記的東西和錯誤是每個人。
但是,如果太頻繁,它就變得不那麼有趣了。
除了健忘之外,我們也不能說你想說的好話,我們把它說得好。"博特"。 注意力不集中。
一如此,我們健忘症它被稱為。
事實上,它健忘症可能發生在年輕人身上,而不是老年人特有的問題。
在中醫中,年輕人健忘症"過度思考"是主要原因。
大腦的過度使用會促進精神活動和血液迴圈。"心"。降低功能,使血液對大腦的扭曲變壞。
同時,由於緊張狀態持續,胃腸道工作變得緊張。"*"甚至停滯,這心脾兩虛它說。
"心"。減少,使記憶,思考,集中的能力下降。
此外,精神焦慮和失眠也可能導致。
また、"*"虛弱表現為食欲不振、貧血、便秘和腹瀉等癥狀。
"*"在血液的產生和控制中工作,當削弱時,它會導致月經、更年期和非法出血。
 健忘症其他癥狀,雖然不是癡呆症或疾病,將很難過日常生活。
解決方案是什麼?
它放鬆神經緊張,使血液的迴轉更好,胃腸溫暖,它是。

1.在23點前睡覺,以配合陰陽節奏  
睡眠可以休息,精神和身體是"心虛"的一種特效藥。
最重要的睡眠時間是22點到2點。
精神和身體的休息,因為睡眠在這一天,
一天的切換效果很好。
即使有差事,我23點就把它四下,上床睡覺。
讓我們搬到清晨去。

2.我的胃不會冷卻
當胃腸道冷卻時,它的工作會停滯不前。
然而,對於「心虛」的人來說,工作正在下降,
冷飲是嚴格禁止的,茶是溫暖的,
熱水比水更基本。
養成習慣,至少在室溫下喝酒。
生薑、肉桂、羊肉、雞肉等
每天吃具有溫暖胃的食物。

3. 每周與朋友或伴侶聊天一次。
在中醫中,有一個詞是"百病是由氣引起的"。
快樂時光是大腦的疲勞。
壓力停滯了身體的能量「氣」的迴圈,
"血"的迴圈也變得渾濁。
愉快的聊天有一個效果,使停滯的"氣"。
讓我們每周做一次抽氣時間。

4.用豆腐和生薑茶來熱身和溫暖胃部
休息精神,生薑溫暖胃,
兩者都是"心脾"的有效草藥。
一粒豆腐,一個乾鮭魚,放在鍋里,
早上和晚上喝茶,提取5-10分鐘。
添加紅糖來補充血液,它更有效。
在微波爐中加熱1分鐘后,剝皮和切片生薑,
如果你在陽光下曬兩三天,你可以做自製的干薑。

5.用黑食物把大腦從中解到
不僅"心虛",而且身體的老化本身也導致健忘。
"腎"是生命力量的一部分,也參與大腦的形成。
有壓力的生活會削弱"腎",削弱大腦比年齡的功能。
"腎"的結頭包括黑芝麻、黑豆、黑糖和黑水母。
總是在廚房裡,以防止老化。

6.諮詢針灸師和中醫。
如果症狀,如「健忘症」,
自己購買和飲用市售的中藥是危險的。
如果你諮詢針灸師和中醫,這是中醫的專長,
只開治療和草藥,以適應個別的體質,
學生可以獲得營養建議。

純粹道德!!!

2020年5月21日


昨年8月母の初盆に購入した胡蝶蘭が、新コロナウイルスに負けず、満開に咲き誇りました。
 おそらく母親は、花言葉である「純粋」を忘れずに生きて行けば、今の苦難を乗り越え、福門が訪れると教示してくれているのだろうと思い、母に感謝し、毎日拝んでいます。

「くらしみち」それが純粋倫理

自分をとりまく多くの人々や、
物や自然との関わりなしには生きられない私たちです。
そこには、おのずから社会生活の規範が生まれます。
人と人、人と物、人と自然の間にある道。
幸せに生きるくらしみち

肚子裡

20205月17日。

在池田針灸診所,我們給腸道不能移動的患者提供針灸和按摩。
它不僅做胃,而且做似乎與腸道運動無關的地方,如肩膀,臀部,四肢。
因為身體的僵硬有時會打碎腸道的運動。

在按摩和按摩時,我放鬆了身體的僵硬,
有些人說,"寒冷,僵硬的肩膀,和癥狀,如腫塊變得更容易。"
不僅便秘,而且各種不適導致身體僵硬。
身體僵硬的原因可能是長時間處於相同的姿勢,或者由於拉伸不足。
這還不是全部。

當我和一個僵硬的病人交談時,我發現我常常感到焦慮和僵硬。
然而,即使有人說,"不要擔心",頭腦不能輕易控制。
因此,池田針灸診所是一個病人,身體和心臟是僵硬的,
"首先,伸展和輕運動,放鬆你的身體。 」並給出建議。

當你的身體放鬆時,
"即使我擔心它,我也會把它放在一點點",並自然而然地開始思考,
到目前為止,我經歷了許多情況,我的胃狀況已經好轉。
 通過放鬆身體,讓我們把心靈的煩惱與凳子一起清除。

不生氣的禪宗禮儀

2020年5月13日

誰でも毎日穏やかに、笑顔で過ごしたいものでしょうが、なかなかそうもいきません。

仕事をしたり、人とかかわっていると、腹立たしい出来事は次々と起こります。
そんな時にいちいちイライラしていては体がもたないとはわかっているものの、
うまく気持ちのコントロールができなかったりします。 「思わずイラッとしてしまった時」の対処法を紹介します。

■おなかからゆっくりと深く呼吸をする

 イラッとしても、その気持ちを相手にぶつけてしまっては、人間関係が壊れてしまいます。
そんな時は、自分の「呼吸」に気持ちを集中させてみましょう。

 下腹を意識して、ゆっくりと深い呼吸を5~6回繰り返すと、
次第に心が落ち着き、それまで気づかなかった周囲の物音や風景を感じ、
怒りによって狭まった視野を広げることができるようになります。

 実は、呼吸と心には密接な関係があります。
呼吸は心に直接働きかけ、気持ちを安定させる力を持っているのです。
呼吸を整えると血流がアップし、逆に呼吸が乱れると血流が低下するとする実験データもあり、
呼吸が心身に与える影響は科学的にも証明されています。

■湧いてきた怒りは、放っておく

 イライラしたり怒っている状態は、静かな湖に小石が投げ込まれ、
波紋が広がっている状態に似ていると、著者の桝野さんはいいます。
そして、待っていれば波紋が消えるのと同様、
心の波立ちもそのまま放っておけばいつかは消える、とも。

 「怒っちゃダメ」「忘れなきゃ」と思うのは逆効果です。
怒りを感じたら、無理にその感情を抑えつけようとせずに、
目の前のことに集中するようにすると、
波立っていた心が鎮まるはずです。

■被害者意識を消す

 人からひどい仕打ちを受けたり、理不尽なことで怒られるのは腹立たしいものです。
そんな時、確かにあなたは「被害者」なのかもしれませんが、
その被害者意識こそが自らの怒りの元凶だということも忘れてはいけません。

 そんな時は「私を鍛えようとしてくれているんだ」と、被害者の立場をとることをやめて発想を逆転させてみると、
怒りに捉われない、軽やかな生き方ができるはずです。

 怒りや苛立ちなどマイナスの感情をいつまでも引きずっていては、楽しいことも楽しいと感じられませんし、
おいしいものもおいしいと思えません。

通過黃瓜提高免疫力

2020年5月1日