2020年April

免疫力を高めるために

2020年4月29日

免疫力を高めるために
                         倫理研究所理事長 丸山敏秋
 新型コロナウイルスが世界で猛威をふるっている。
本稿を書いている三月半ばで、日本国内の感染者数は毎年のインフルエンザに比べればはるかに少ない。
しかし「新型」という未知のウイルスに対する恐怖心が、世の中にはかりしれない悪影響を及ぼしている。
 ニュース番組やワイドショーでは感染予防として、マスクの着用と入念な手洗いや消毒を繰り返し呼びかけている。
それはそれとして、健康を維持するために大切なことを、もっとしっかり伝えるべきだと思う。それは何か?

 免疫力を高めることである。
免疫とは、体内に侵入した病原菌や毒素などに抵抗して打ちかつ能力のことだ。
免疫力が高い人は健康である。加齢と共にどうしても健康のレベルは落ちてくる。
ゆえに意識して健康を回復し、維持する努力をした方がいい。それは自分のためだけではない。
病原性ウイルスに感染して発症すれば、周囲に多大な迷惑をかけてしまう。
 では、免疫力を高めるにはどうしたらよいか。
重点をいくつか挙げよう。どれもいわゆる健康法に等しい当たり前のことばかりだ。
人によって体質や体癖が異なるので、より細かい具体的なやり方は、各自で調べたり工夫してほしい。
A.良質な睡眠
 睡眠によって肉体の疲労は回復し、精神は平静を取り戻す。
何時間眠ったとか時間にとらわれず、熟睡する時間の多い良質な眠りを確保しよう。
目覚めたときの気持ちよさで、眠りの質がわかる。週末の「寝だめ」は逆効果の場合が多い。

B.冷やさない
 「風邪は万病のもと」と言われてきた。その風邪は風邪でもあり、風でもある。
風に当たると体は冷える。体は冷えを嫌う。
体温が高めの人は、免疫力が高い。逆に低い人は疲れやすく、病気に罹りやすい。
体の中ではとくに関節からよく冷えが入り込む。夏場のクーラーは要注意である。

C.食事の量と質
 「腹八分目に医者いらず」とは名言である。
「大食短命」とか「節制は最良の薬」とも言う。量だけでなく、何を食べるのか、質とバランスが大事である。
過度な減塩は免疫力を下げてしまうので、ミネラル豊富な塩を適度に摂りたい。

D.運動する
 人間も動物だから、動かないと体は鈍る。
年齢や体力に応じた運動を、できるだけ毎日心がけよう。
八十四歳の長寿を全うした江戸時代の儒者?貝原益軒は、有名な『養生訓』の中で、
中国唐代の医書『千金方』の次の言葉を引いている。
「食後は手で顔をこすり、腹を撫で、体内の水分を流通させなさい。数百歩、歩きなさい。
飲食してすぐ横になると百病を生じる」

E.便秘しない
 薬局では便秘薬がよく売れるという。
快便は健康のバロメーターの一つ。
先の『養生訓』でも便秘を戒めている。腸内の宿便がいろいろな病気を生むからだ。
まずは腸の蠕動運動を活発にする食べ物を摂ろう。按腹というお腹 のマッサージも効果が高い。

 以上のほかに、精神面の心得がある。前向きで明るく朗らかな心は免疫力アップに欠かせない。
逆に精神的ストレスは免疫力を低下させる。
ストレス対策として前に本欄で勧めたのは、「あーあ、いやだな」というマイナス感情を打ち消す言葉である。
 それは――「ああ、おもしろいな」。
この言葉は口にするだけで、たちまち状況を明るく変えてしまう。
朝であれば「今日もきっといいことがある」と唱えるのもいい。そのほかにも、笑いは免疫力を高め、
ストレス解消になる。心を迷走させないための「瞑想」が、海外では人気を集めている。
 ところで健康法について話をしたとき、ある人いわく
「みんなが健康になったら、医者や病院は困るだろうね」。
筆者答えていわく━━━「大丈夫。実行しない人がほとんどだから……」
 本当にそうなのである。ウイルスの感染にビクビクするのが嫌ならば、自分の健康を増進させたらいい。
なのに積極的にやりたがらない人が多い。
実行するのが面倒と思ううちは、いつまでたっても健康は維持できないと肝に銘じよう。
「新世」5月号《新世言》より

抱擁・キスして、免疫を高めよう!!

2020年4月20日

 視床下部から分泌される「オキトシン」は、健康や円滑な人間関係をよくするホルモンであり、「幸せホルモン」「恋愛ホルモン」「抱擁ホルモン」「信頼ホルモン」「絆ホルモン」「思いやりホルモン」「癒しホルモン」とも言われています。
おもな作用は、
幸せな気分になる
脳・心が癒され、ストレスが緩和する
不安や恐怖心が減少する
他者への信頼の気持ちが増す
社交的となり人と関わりたいという好奇心が強まる
親密な人間関係を結ぼうという気持ちが高まる
学習意欲と記憶力向上
心臓の機能を上げる
感染症予防につながる

どうやって出すのオキシトシン!?
を確認していきたいと思います。

1.配偶者や恋人がいる場合
【オキシトシンを分泌させる方法】

触れ合う/スキンシップ
按摩
見つめ合う
抱擁/ハグ
キス
愛撫
性交渉

2.配偶者や恋人がいない場合

スキンシップ(同性でもOK)
家族団らん
友達と食事をする
友達とカラオケにいく
おしゃべり
プレゼントを贈る
人に料理を作る

3.家族も友達もいない場合

感動する
感情を素直に表す
親切を心がける
思いやりの気持ちを呼び覚ます
ほ乳類とのスキンシップ(特にイヌ)

 ちょっとしたタイミングで、見知らぬ他人に道を譲ったり、ドアを開けてあげたり、「ありがとうございます」「ごちそうさまです」というような言葉を使うように心がけるだけでも、オキシトシンの分泌に繋がるのですから。

 今こそ頼るべきは、体の中のホルモン「オキシトシン」の力!関節の痛みやストレスを緩和!認知症の症状改善や、血圧の抑制なども期待できる。

親しい人から体に触れられた時に出るホルモンだが、会いにいけない状況でも大放出させ、新コロナウイルスに負けない身体をつくろう。

ガッテン!「新型コロナの今こそ!“ハッピーホルモン”で不安ストレス撃退」
放送日
4月22日(水) [総合] 後7:30

ゴールデンウィーク 待っています!!

2020年4月16日



平素は格別のご愛顧/お引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。
 
さて、本年のゴールデンウイークは下記のとおり診療をさせていただきます。

ご愛顧に感謝いたしますとともに、
今後とも、皆様には、心身の健康を維持し、健康不安を払拭していただけるよう、
治療に当たらせていただきます。

5月4日(月)みどりの日 診療します
5月5日(火)こどもの日 診療します
5月6日(水)振替休日  診療します
 

国民の皆様へ

2020年4月15日

国民の皆様へ
『新型コロナウイルス感染症に対する日本鍼灸師会の考え方』~緊急事態宣言を受けて~(令和2年4月10日)
 令和元年12 月に中国湖北省周辺で発生した新型コロナウイルス感染症は、
3月中旬以降から大都市を中心に感染が拡大する傾向にあり、4月7日夕刻には、政府より7都道府県に対し、
新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、新型コロナウイルス感染症に関する「緊急事態宣言」が発令されました。
 「緊急事態宣言」下では不要不急の外出自粛や様々な業種の業務制限・停止を要請されていますが、
鍼灸院は他の医療機関と同様に業務停止要請の対象外となっています。
 国民の皆様からの治療の要望がある限り、(公社)日本鍼灸師会会員の鍼灸治療院では、
その要望に応えるべく最大限の努力をする決意です。
そのために、本会では新型コロナウイルス感染防止ガイドラインを作成し、
会員に院内感染防止策を徹底して周知し、平時以上の衛生管理を行い、感染予防と拡大防止に努めてまいります。
 このような状況下では、身体活動や社会活動の制限により、生活不活発病やうつなどの様々な健康不安が増加してくることが危惧されます。
鍼灸治療は血液の循環を改善し、自律神経のバランスを整え、それらの症状を改善する効果があります。
また、免疫力を高め、感染症を予防する効果も期待できます。

 国民の皆様におかれましては、このような時にこそ、適度な運動、バランスの良い食事と質の良い睡眠、
そして鍼灸治療を活用して心身の健康を維持し、健康不安を払拭していただけるよう、お願い申し上げます。
(公益社団法人日本鍼灸師会 会長 小川卓良、危機管理委員長 矢津田善仁)

使い捨てカイロ 免疫力アップ

2020年4月1日

使い捨てカイロ 免疫力アップ
 新型コロナウイルスに感染しないためには、手洗いやうがいが有効だが、
もっとも簡単な感染防止策は免疫力をアップすることです。

 免疫力を上げるには、体を温めることです。

体温が上がると「ナチュラルキラー細胞」と呼ばれる免疫細胞が活性化し、ウイルスに感染した細胞が殺傷能力が高まります。
体温が1℃上がると、免疫力が30%アップするとも言われているのです。
体温を上げるためには、内からアプローチと外からのアプローチがあります。
内からのアプローチとは筋肉を使って熱を生み出すことで、適度な運動でもたらされます。
そして、素早く体を温めるには、外からのアプローチが有効です。
 外から体を温めるのに大いに役立つのが、「使い捨てカイロ」是的。
ただし、むやみにたくさん貼っても意味がないです。
ポイントの一つは、太い血管が走っているところ、
例えばお臍の周辺には腹部大動脈など太い血管が走っているので、
そこを温めることで全身に温かい血流が流れ、体温を効率よく上げることができます。
「第二の心臓」とも呼ばれるように、血液を循環させるポンプの役割を果たしている場所。
ふくらはぎを温めることは、滞りがちな下半身の血流を促し、全身を温めることにつながります。

 臍の下にある「関元」というツボは、内臓全体を温めるのに有効なツボです。
胃腸が冷えて弱っていると免疫力が下がり感染に症罹りやすくなりますが、「関元」を温めることで胃腸の機能が高まります。
特に腸は免疫細胞の70%を司っていると言われているので、免疫力アップに効果的です。
また、肝臓は血液を解毒している器官で、その機能がうまく働かないと、慢性疲労になったり、自律神経が乱れたりします。
肝臓が元気になれば、解毒がスムーズになり、全身を流れる血液がきれいに。
免疫力を上げることにつながります。

 「使い捨てカイロ」を使うときは必ず肌着や靴下の上から貼ってください。
タイツやストッキングのでは薄すぎて火傷を起こす危険性があります。
また、肌に強く押し付けるのもNGです。
ベルト・強制肌着・コルセットなど、圧迫や固定されるものの下は避けましょう。
心臓付近を温めてしまうと、心臓自体に負担がかかり、吐き気を催したリ、血圧が不安定になったりする場合があります。
胸ポケットに「使い捨てカイロ」を入れるのは避けたいです。

 マスクなどは品薄だが、「使い捨てカイロ」は手に入りやすいです。
意外にも身近なもので感染リスクを下げられるのです。