2020年

8月の診療案内

2020年7月26日


8月10日(月)山の日 平常通り診療いたします。

8月13日(木)~16日(日)休診


今月は、「はり・きゅうの日」月間として、来院された方に、
治療院生まれの秘密兵器、不思議な粒
「トルマック」をもれなく差し上げます。


夏の養生

2020年7月23日


 夏になると気温が高くなり、汗をよくかくことで体力を消耗しやすくなります。
一方で、どこに行っても冷房がきいていて、室内と室外の温度差が激しく、
体が対応しきれず、体調を崩しやすい方も多くいます。
また、外が暑いと冷たい物がほしくなり、常に冷たい物を飲んだり、食べたりすることが増えます。
すると胃腸の働きが弱くなり、夏バテにもなりやすくなります。  
中医学で言うと夏は高温で陽が高まり易く、陰分(潤い)を消耗しやすい季節です。
陰分不足により火(熱)が旺盛になると、熱が上にあがって心神に影響するため入睡障害になりやすく、
体力の回復が十分にできない状態になります。
更に冷たい飲食物のために胃腸が冷え、消化・吸収力も弱まり、元気がない状態を起こすのです。
ですから夏の養生では睡眠と胃腸のケアがとても重要です。
夏の養生ポイント:「清熱滋陰、養心安神、清淡料理、養胃健脾」
体の余分な熱を取り除き、必要な潤いを守ることで心を養い、神も安らぎます。
料理の味を薄めにし、さっぱりすることで胃腸(脾)を養い、機能もアップします。

1、 よく涼性の果物、野菜など水分が多い物をを摂食すること。
2、 冷房は弱めにして、会社や電車の場合は長袖の服(上着など)を着ること。
3、 食事は味薄く、量を少なめにすること;揚げ物は控えめにすること。
4、 冷たい物、辛い物など刺激的な食材を控えめにすること。
5、 適当な運動:太極拳・ヨガなど穏やかで、リラックス効果のある運動をしましょう。
  (激しい運動は控えめに)
  毎日寝る1時間くらい前に水分を取りましょう。

コロナ感染渦からの5つの教え

2020年7月19日

 自粛期間で、経済的あるいは文化的な大打撃を蒙って災難でありましたが、私は5つのことを学びました。
1. 世界はつながっている。
  人間対人間のみちを超えて地球的な視野を持ち、環境保全の 実践を含めたグローバルな倫理として提唱してい る。世界はつ ながっている。
2. 手を洗う。
  パンデミックになる前には、せっけんで死滅する細菌やウイ ルスもあることを知らなかった人も多いかもしれ ない。
3. データに従うべき。
  データが示すパターンは、私たちが何をどうすべきか決断す ることを助けてくれる。私たちは何よりもまず、 データをみる 必要がある。もっと早い段階から、そのようにしていればよ  かったのだろう。まずはとにか  く、今何が起きているのかを理 解することが必要だ。
4.  人間は“超”社会的な生き物。
  社会的距離を取ることは私たちに今後、誰かと一緒にいるこ とがいかに重要であり、互いにふれあうこと(握 手やハグ、寄 り添うことなど、私たちを人間たらしめている社会的な距離の 近さを示すあらゆる行動)がどれ ほどすてきなことかを再認識 させてくれるだろう。
5. 世界は変わる
  私たちはより賢明な人との接し方ができるようになっている かもしれない。普通に行動できるようになり、改 めてそのあり がたみを感じられようになればいい。

「食べる」と「こころ」

2020年7月12日

あなたの周りにはすぐキレル人はいませんか?
あるいはあなた自身、どうも最近イライラしやすいとかやる気が出ない、
と思うことはありませんか?
原因はその人の性格や、抱えているストレス、疲労などいろいろと考えられますが、
実は「食べ物」が大きく関係しているかもしれません。
 メンタル不調という言葉が身近になり、ストレス対処などメンタルケアの方法も少しずつ浸透してきました。
よく休養をとる、うまく気分転換や発散をする、自分を癒すなど、意識して取り組む人が増えています。
いずれも有効な方法ですが、意外に見落とされがちなのが「食生活の見直し」です。

こころは食べ物で、できている?
私たちの“心”、すなわち“脳”は、胃腸や心臓のように身体の臓器のひとつです。
一般成人の脳は、全体重の2%ほどの重さしかないのですが、
全身で使うエネルギーの約20%を消費しているそうです。
脳細胞というのは、身体と同様に食べ物の影響を受けやすく、栄養バランスが悪いとこころの健康維持が難しくなります。
脳の神経伝達物質の変化が、うつ病の原因のひとつであることは知られるようになりましたが、
このような精神疾患を栄養療法で治療する方法があります。
では、どのような食生活を心掛けたらよいのでしょうか。
できるだけ添加物を避け、多くの食材をバランスよく食べることが第一ですが、
ほかにも特に注意しておきたいポイントをご紹介します。

甘いものにご用心
疲れたとき、特に頭を使ったなというとき、
甘いものが欲しくなる人が多いのではないでしょうか。
確かに脳の主なエネルギー源は糖質=血液中のブドウ糖です。
血糖値を一定に保つことが脳のエネルギーを維持することにつながります。
ところが、急激に血糖値が上昇すると血糖値を下げるインスリンが多量に分泌されます。
すると急激な低血糖状態となり、
今度は血糖値を上げるアドレナリン・ノルアドレナリンが分泌されるのです。
このアドレナリン等が分泌されるときは動悸やイライラを伴いやすく、
このような血糖値のアップダウンが精神的な不安定を招きます。
 血糖値の調節に障害が起きると、疲労感、脱力感、不安感、憂鬱気分などにつながることがあるので、
甘いものの摂取の仕方には要注意が必要です。
特に、精製された糖質=白砂糖、白米などは吸収が早く急激に血糖値を上げます。
もしスイーツを食べたいときは、食後にとること。朝食に菓子パンを食べるなど、空腹時の糖質摂取は避けましょう。

たんぱく質をしっかり摂ろう
たんぱく質は身体をつくる主原料であると同時に、
脳の神経伝達物質の合成にも欠かせない、重要な栄養素です。

また、血糖値の急激な上昇、下降を防ぎます。
ダイエット中の人はたんぱく質というと植物性たんぱく質を摂取する傾向がありますが、
吸収効率のよい動物性たんぱく質が不足しないように注意しましょう。
 このほか、ビタミンやミネラルも脳にとって重要な栄養素です。
ストレスにさらされるとたんぱく質やビタミンは大量に消費されますので、常に摂取を心掛けましょう。
 「食べる」ことは単に栄養素を補給するだけではありません。
人と語りあう、料理を通じて家族への愛情を表現する、
感謝するなど、「食べる」ことは様々なかたちでこころの豊かさにつながります。
あまりの忙しさで、ついおろそかになってしまう食生活っと見直してみませんか?

7月 診療のご案内

2020年7月1日

 池田鍼灸治療院 7月 診療案内

7月8・9日(水・木)鍼灸の日
   ワンコイン(500円)で、鍼灸施術が受診できます。

7月17日(金)午後 休診

7月23日(木)海の日     通常通り診療します。
  24日(金)スポーツの日  通常通り診療します。

漢方が西洋医学と違うところは?

2020年6月25日

 西洋薬はたいてい一つの有効成分で作られていて、血圧を下げたり、細菌を殺したり、
熱や痛みを取ったりするなど、一つの症状や病気に対して、強い効果があります。
 また西洋薬のベースとなる西洋医学では、患者の訴えのほかに検査を重視していて、
その検査結果から病気の可能性を探ったり、治療法を考えていったりします。
検査結果や数値などにしっかり表れるような病気を得意としていると言えるでしょう。

 一方、漢方は一つの鍼灸施術や漢方薬は多様な症状に効くのが大きな特徴です。
 また鍼灸施術や漢方薬のベースとなる漢方医学は、患者の病状(訴え)や体質を重視し、
その結果から処方します。
そのため、体質に由来する症状(機能性の月経痛や冷え症、虚弱体質など)、
検査に表れない不調(更年期障害の症状)などの治療を得意としています。
症状だけでなく、複数の病気が改善されることがあるのも鍼灸施術や漢方薬の大きな特徴です。
たとえば、鍼灸施術や漢方薬で腰痛や頻尿の治療していると疲れやむくみなど、
複数の症状が改善されることがあります。

漢方が得意とする症状・悩み
・虚弱体質
・腰痛や忘れっぽいなどの加齢現象
・胃もたれや食欲不振、便秘などの胃腸の病気
・イライラ、不眠、うつなどの精神症状
・生理痛や不妊、更年期障害症状などの女性の悩み
・アレルギー疾患
・慢性の病気、冷え症

池田治療院の三兄弟です。

2020年6月14日


 犬と猫は、性格、行動が違う動物です。
たとえば、群れで行動し、飼い主に従順で、昼に活動して夜は眠る犬。
単独での行動を好み、マイペースで、昼はほとんど寝ている夜行性の猫。
犬と猫の行動や生活ペースは、大きく異なります。

 しかし、わが治療院の子供たちは、倫理の教え
「人は鏡、万象はわが師」の教えでありませんが、
相手を改めさせよう、変えようとする前に、まず自ら改め、
犬が猫に、猫が犬になって行動しています。
また、無上のわが師で、犬でも階段昇降も自由にできるようになりました。

倫理の教えは間違いない。
わが三兄弟に教えられました。

「現代型 夏バテ」ご用心

2020年6月10日

 夏の疲れは、昔と今ではだいぶ違ってきています。

以前は夏バテというと、食欲が落ちて痩せたが、

最近は逆に太って、うつ傾向になる人が増えています。

かっては暑い中で体力が消耗するから、夏に負けないように、

栄養のある土用のうなぎなどを食べる意味がありました。

今では室内は空調が完備されて、
涼しく、汗をかかないことも。

清涼飲料水やアイスといった冷たい飲み物や食べ物も、
十分に手にはいります。

 現代の夏の疲れの要因は、

冷房が効いた部屋に居続けてお腹や腰が冷えたり、

冷えた室内と暑い屋外を一日に何回も行き来して
自律神経が乱れてしまったりすることにあります。

冷たい飲み物や食べ物は体を冷やすだけでなく、
甘味を少なく感じさせるため、

糖分を摂りすぎて太ってしまいます。

 最新の研究では、精神を安定させる神経伝達物質は、

腸で作られることが判明されてきました。

代謝や免疫、ホルモンなど体を自動的に調節する自律神経や、

胃腸に異常を来せば、脳の調子も悪くなり、
鬱っぽくなってしまいます。

解消するには、

温かく代謝を高める食事をして、糖分を控えることです。

飲み物は井戸水と同じ温度15°以上に心がけ、

スパイスや食物繊維、発酵食品を中心に摂取しましょう。

軽い運動や湯船に浸かって汗をかくと、
自律神経の調整に役立ちます。

 その前に「自分が疲れている」と気付くことが、
最も重要です。

疲れの感じやすさは人によって違い、

東洋医学では大きく「実証」と「虚証」の二つに分けられます。

 「実証」は疲れに対する感度が鈍くなりがちです。

体を壊して初めて疲れに気付いたり、
症状が出て病院へ行くと

重篤な病気が分かったりするケースが多いです。

疲れを感じなくても、意識的に休む必要があります。

 一方の「虚証」は疲れへの感度が高いため、

身体の異常に気付き易いです。 「休み上手」です。

〔半身浴〕
37~38度のぬるめのお湯に20、30分ゆっくり浸かりましょう。入浴前には、水分補給を忘れずに。

〔発酵食品〕
発酵食品とは、カビや酵母などの微生物の働きを利用したもので、身体の免疫力を高めるといわれており、私達の健康維持のためには欠かせないものとなっています。 この発酵食品には、有名なところで、ヨーグルト、チーズ、納豆、キムチ、醤油、味噌などがあります。 さらに、日本酒、焼酎、ビール、ワイン、パン、鰹節、ぬか漬け、たくあんなども製造の過程で利用された微生物がカビなのか、細菌なのか、酵母菌なのかの違いがあるだけで、これらも発酵食品ということは実はあまり知られていないようです。 通常だと、腐った食べ物は食中毒や下痢を起こす原因になるので食べることはできません。しかし、発酵させた食品は味をまろやかにし、特有のおいしさを作り出すことができるのです。



自律神経バランスを測定しましょう!!!

2020年6月3日

自律神経バランスを測定しましょう!!!

  あなたはストレスをかんじていませんか!?
 ストレスは私たちの大敵です!
肩こり・イライラ・めまい・ドキドキ・耳鳴り・不安感・冷え
不定愁訴・肥満・疲労感など
症状が悪化すると、肥満睡眠障害、そして鬱病になってしまいます。
その他にも、気管支喘息・慢性胃炎・ストレス性潰瘍などの症状になる恐れがあります。

 自律神経のバランスを把握すると、
ストレスの傾向を知ることができます。
この様なストレスを調べるための検査を行います。
痛みも暑さも感じず、簡単かつ短時間の検査なので気軽に受けられます。

今月は、無料です。

中医学の薬箱 パート1 (心脾両虚)

2020年5月29日

忘れ物やうっかりミスは誰にもあることです。
しかし、それが余りにも頻繁だと、笑いごとですまなくなってきます。
物忘れに加え、言いたいことがうまく話せない、あたまが「ボーット」とする。集中力が続かない。
こうした状態を総じて「健忘」といいます。
実は「健忘」は高齢者特有の悩みでなく、若年層にも起こりえます。
 中医学では、若年層の「健忘」の主な原因として「思慮過度」があげられます。
脳の酷使は、精神活動や血の循環をつかさどる「心」の働きを低下させ、脳への血の廻りを悪くします。
同時に、緊張状態が続くことで胃腸の働きをつかさどる「脾」も停滞させ、これを「心脾両虚」といいます。
「心」の低下によって、記憶や思考、集中力などの能力がダウンします。
さらに精神不安や不眠も招きます。
また、「脾」の弱まりは食欲不振や貧血、便秘や下痢などの症状として現れます。
「脾」は血の生成や統制に働くため、弱まると無月経や閉経、不正出血にもつながります。
 「健忘」やその他の症状は、認知症や病気までいかないけれど、毎日の生活を困難なものとします。
解決法は?
神経の緊張をゆるめること、血の廻りを良くすること、胃腸を温め、いたわることです。

1.陰陽リズムに合わせて23時までには寝る  
心身を休める睡眠は「心脾虚」の特効薬です。
最も重要な睡眠タイムが22時から2時です。
この時間帯に就寝していることで心身が休まり、
一日の切り替えがうまくできます。
用事があっても23時には切り上げってベッドへ。
早朝へ繰り越しましょう。

2.胃腸は極力冷やさない
 胃腸を冷やすと、その働きは停滞するのです。
ただでさえ働きが低下している「心脾両虚」の人にとって、
冷たい飲み物は厳禁と心がけて、お茶はあたたかいもの、
水よりお湯が基本です。
少なくても常温で飲むことを習慣にしましょう。
生姜やシナモン、羊肉、鶏肉など、
胃を温める性質を持つ食べ物を日常的に摂るようにしましょう。

3.週に一度は友人やパートナーとおしゃべりする。
 中医学には「百病は気から生じる」ということばがあります。
 楽しい時間は脳の疲れをとるものです。
ストレスは体のエネルギーである「気」の巡りを停滞させ、
「血」の巡りも濁らせます。
楽しいおしゃべりには、停滞した「気」を巡らせる効果があります。
週に一度はガス抜きタイムを作りましょう。

4.ナツメ+生姜茶で巡りアップ&胃を温める
 精神を休めるナツメ、胃を温める生姜は、
共に「心脾両虚」に効果的な生薬です。
ナツメ一粒、乾姜1枚をポットへ入れ、
5~10分抽出したお茶を飲むことを、朝晩の習慣に。
血」を補う黒砂糖を加えれば、更に効果的です。
皮をむいてスライスした生姜を電子レンジで1分加熱後、
天日で2~3日干せば、自家製の乾姜ができます。

5.黒い食べ物で脳のアンチェイジングを
 「心脾両虚」だけでなく、身体の老化自体が健忘を招いているケースもあります。
生命力をつかさどる「腎」は脳の形成にも関与してます。
ストレスのある生活は「腎」を弱め、年齢以上に脳の機能を低下させます。
「腎」のアンチェイジングには、黒ゴマ・黒豆・黒砂糖・黒クラゲを
キッチンに常備して老化を防止しましょう。

6.鍼灸師・漢方医に相談しましょう
「健忘」などの症状があれば、
自分勝手に市販の漢方薬を購入して飲むのは危険です。
中医学の専門である鍼灸師・漢方医に相談すれば、
個々の体質に合わせた治療や漢方薬を処方していただけ、
養生のアドバイスが受けられます。