Teach doctors lose weight diet surgery part 3

2018年9月14日

 一口に「糖質」と言っても、その「悪性度」は違います。
糖質は生命維持のために不可欠な栄養素であって、適切な量を摂取することは必須です。
しかし、現代人は過剰摂取の傾向があり、かつ「一切取る必要のない悪い糖質」を好んでいるのが問題なのです。

● 悪性度ナンバー 1   缶コーヒーや清涼飲料水、ジュースなど
   そもそも、人間が生きるために全く必要のないものです。
  糖質中毒に陥っているから飲んでしまうのだと気づいて、シャットアウトしてください。

● 悪質ナンバー 2    砂糖の入ったお菓子
   白い砂糖は、人間が作り出した不自然なものです。
  ケーキであろうと饅頭であろうと、白い砂糖がたっぷり溶け込んでいることを忘れないでくだい。

● 悪質ナンバー 3    果物
   ビタミンやミネラルが豊富な分、缶コーヒーやお菓子よりはましです。
  果物は糖度が高いので注意してください。特にジュースはやめましょう。

● 悪質ナンバー 4    白米、パン、うどん等
   朝食や昼食で、トーストやご飯を食べたりするのは構いません。
  ただ、量を減らしましょう。
  うどんやそば、ラーメン、パスタなど「単品もの」は、どうしても糖質の摂り過ぎになるので注意が必要です。

● 悪質ナンバー 5    玄米、全粒粉パン、イモ類
   精製された白米や白いパンなどよりミネラルが多く、同じ量を食べるならお勧めです。
  ただし、糖質であること自体は変わりませんから、やはり食べ過ぎれば太ってしまいます。

 このように同じ糖質であっても悪性度は違い、なかでも液体は最悪です。
なぜなら、人間本来の消化・吸収システムを全く無視しているからです。
糖質をとるときは、自然の形に近いもの、よく噛む必要があるものを少量食べるに留めましょう。 
?Gg[???ubN}[N??