Tratamento de acupunctura e Moxibustão Ikeda de notícias

Anúncios mais recentes


2018Em abril, 21:00 : Aviso de saúde
Aviso de saúde

 平素より格別のお引き立てを、ありがとうございます。
 「ゴールデンウイーク」の祝祭日は、平常通り診療をいたします。

   4月30日 (月) 振替休日    平常通り診療いたします。
   5月 3 日 (木) 憲法記念日   平常通り診療いたします。
      4 日(金) みどりの日   平常通り診療いたします。
      5 日 (土) こどもの日   平常通り診療いたします。
2018Em 9 de março. : 40Livro de refeição da conta a seguir uma dieta
ダイエット食
 ダイエット中だからと、間食は我慢していませんか?
我慢できる人なら良いのですが、これがストレスになって、暴飲暴食をしてしまうなら、
逆効果ですよね。
そんな人にオススメなのが「一日5食ダイエット」.
その名の通り、1日に5回食べても痩せられるというものです。
この方法は、医師や栄養管理士も勧める、理にかなったダイエット方法なんです。
 1日5食にすることで、食事の間隔が短くなり空腹を感じにくく食べ過ぎを防止することができます。
また、血糖値が安定するため、インスリンの分泌が抑えられて脂肪として蓄積されにくくなります。そのため、ダイエット効果が期待できるというわけです。
シミの原因になる活性酸素。活性酸素を作られにくくするために1日5食にする方法が有効なのだそうです。
シミの原因である活性酸素。血糖値が高い状態が続くと活性酸素が作られやすくなってしまいます。
1日5食にすると、血糖値が急激に上昇することを抑えることが可能になるため、活性酸素の生成を抑制してくれるということです。

 1日5食ダイエットの場合、3時間おきに食事をすることが目安になります。
例として、1食目(朝食)が8時の場合、以下の様になります。
? 1食目…8時
? 2食目…11時
? 3食目…14時
? 4食目…17時
? 5食目…20時
1食目が7時の場合は、以下の時間が目安になります。
? 1食目…7時
? 2食目…10時
? 3食目…13時
? 4食目…16時
? 5食目…19時
3食の食事+間食2回
1日5食ダイエットの食事方法は、3食+2回の間食と言うとイメージしやすいかもしれません。朝食は1食目・昼食は3食目・夕食が5食目。そして、2食目と4食目が間食となります。
? 1食目…朝食
? 2食目…間食1回目
? 3食目…昼食
? 4食目…間食2回目
? 5食目…夕食
1日の摂取カロリーは増やさない
 食事の回数を増やしても、1日の摂取カロリーは多くしないようにしましょう。
通常3食の場合、各食事の摂取カロリーが2000kcalの場合、5食で2000kcalを摂取するイメージです。
【1日3食の場合】
? 朝食…500kcal
? 昼食…700kcal
? 夕食…800kcal
合計…2000kcal
【1日5食にした場合】
? 朝食…400kcal
? 間食…200kcal
? 昼食…600kcal
? 間食…200kcal
? 夕食…600kcal
合計…2000kcal
栄養バランスの食事にする
 ダイエットでは、摂取カロリーだけでなく栄養バランスも大事です。
たんぱく質・脂質・炭水化物(糖質)・ビタミン・ミネラル・食物繊維をバランスよく摂取できる食事の工夫が必要です。
? 1食目(朝食)…フルーツ
? 2食目(間食)…ナッツ類
? 3食目(昼食)…ごはん、肉または魚、野菜、汁物
? 4食目(間食)…ヨーグルト
? 5食目(夕食)…ごはん少なめ、豆腐などの大豆製品・海藻サラダ・汁物
 上記はひとつの例です。間食は、栄養価が高く糖質が少ない(血糖値が急上昇しにくい)ナッツ類・低糖ヨーグルト・チーズなどが良いでしょう。
摂取カロリーや栄養バランスが考えられている食事メニューですね。間食をしているため、夕食は軽めでも満足感があるのだそうです。間食には、ビーフジャーキー・スルメ・野菜スティックなどもオススメということです。
1日5食ダイエットは、血糖値を安定させ食欲をコントロールし痩せる方法です。そして、食事の回数を増やすだけでなく、摂取カロリーや栄養バランスを考慮した食事にすることも重要になります。ただ食事回数を増やすだけでは太ってしまう可能性があるので、注意しましょう。


2018Em 14 de fevereiro. : 4 Japão saúde criação da sociedade de pesquisa
 
 今週の日曜日、「日本健康創造研究会」第4回研修会がありました。
高橋徳先生「愛すること、想うこと、そして祈ること  オキトシン健康法」
九州大学総長 久野千春先生「聴くことの力 心身相関のエビデンス」の2題講演がありました。

 「愛すること、想うこと、そして祈ること  オキトシン健康法」
オキトシンは、「幸せホルモン」「恋愛ホルモン」「抱擁ホルモン」「信頼ホルモン」「絆ホルモン」「思いやりホルモン」「癒しホルモン」など、数々の異名を持つこのホルモン、分泌されるとわたしたちに以下のような効果をもたらしてくれるといいます。
・幸せな気分になる
・脳・心が癒され、ストレスが緩和する
・不安や恐怖心が減少する
・他者への信頼の気持ちが増す
・社交的となり人と関わりたいという好奇心が強まる
・親密な人間関係を結ぼうという気持ちが高まる
・学習意欲と記憶力向上
・心臓の機能を上げる
・感染症予防につながる

このオキシトシン、分泌させない手はないですよね! なにしろわたしたちに、「生まれてきてめっちゃ幸せ! みんなありがとう!」という気分を味わわせてくれるホルモンなのですから。
虚無主義(ニヒリズム)に陥ったニーチェは『神は死んだ』と言いました。
いいえ、違います。我々の人情と健康を担うオキシトシンは『内在する神』 として、視床下部に生き続けています。

「聴くことの力 心身相関のエビデンス」
 現代に増加している病気は、生活習慣病・老年病・ストレス病です。
 ストレスが過剰にかかると、心理的反応として、不安・怒り・悲しみ・焦り・憂鬱・緊張などが現れます。
身体的反応として、内分泌・自律神経・免疫に異常または機能低下を示します。
一つの病気に対しても、心理社会因子の影響を受けます。
感情抑圧傾向、孤立、回避的傾向、絶望的傾向ですと、病は不良となります。
 全人的医療とは、身体的・心理的・実存的な面から統合的に理解し治療することです。
治療は身体療法、薬物療法、生活指導、面接による心理療法、チーム医療などを統合して行います。
 常に患者は身体・心理・社会・スピリチュアルに苦悩しており、患者の病態を理解し、寿の命を伸ばすように手助けをするのが治療者の役割です。
2018Em 25 de Janeiro. : Corrigi o topo do ITA! Cãibra na perna
Cãibra na perna

Grampos da vitela com dor para"Cãibra na perna..
O espectro e as pernas para fora da cama especialmente a manhã fria de inverno e"Cãibra na perna.É fácil de acontecer.
"Cãibra na perna.O ataque acontece, excessivas contrações dos músculos da panturrilha.
Sensor de alimentação evitar encolher muito músculo enquanto dorme particularmente de RPG "fuso de tendão.
"Cãibra na perna.É fácil desenvolver para.
Além de contrair os vasos sanguíneos e refrigeradas na estação fria, circulação de sangue ruim ser subatendidas suficiente oxigênio e nutrientes para os músculos
"Cãibra na perna.Fácil de acontecer.
Se você não tem preocupações de magnésio acima de tudo o controle muscular e umidade é perigosa.
Beber um copo de água há cama todas as noites, a fim de evitar isso.
Você deveria ir para a cama para um ser humano consumir 500 cc de água por transpiração durante o sono, antes um copo cheio de água para reabastecer.
É importante para completar o magnésio, alga wakame, fermentados de soja, leite, Choco secado.
Ácido cítrico contido em ameixas secas melhorar a absorção de magnésio, efeitos de fadiga.
Também, para fixação de pés vestindo meias e meias na hora de dormir e ir para a cama leva a prevenção.
Quente e bem espremido os músculos das pernas, fluxo sanguíneo melhor para meias"saúde" é recomendado.
 "Cãibra na perna.Incluindo a"Pé levantado.É eficaz como uma medida para relaxar seu músculos de estiramento.
30Levante uma perna tão alto quanto cm "pose de docas" é recomendado.
Ainda são 7 segundos expirando os veículos a pé.
Repita este 15 vezes, alternando esquerda e direita com a perna e educado na parte de trás dos músculos da coxa, melhora a circulação do sangue.
Até sorteio de movimento as toalhas sente-se usando o polegar e o dedo indicador, colocá-lo no chão, efeito lifting.
Você pode usar os músculos das pernas traseiras e muscular de tríceps sural não usar regularmente, tais como a prevenção do pé.
Para esticar a área afetada ainda cãibras nas pernas e ver seu atrito.
"Cãibra na perna.No caso, estica suas panturrilhas.
Além disso, ajudará a medicina herbal.
Só contém shakuyaku kanzo-para aliviar a dor com e "alcaçuz" shakuyaku lambe tem efeito imediato.


2018Em 5 de Janeiro. : Feliz Ano Novo

 新年 あけましておめでとうございます。
 皆様にはよき新春をお迎えのこととお慶び申し上げます
昨年はひとかたならぬご高配にあずかり心より感謝申し上げます
本年もどうぞご厚情の程よろしくお願いいたします

平成三十年 元旦