Ikeda acupuncture and moxibustion treatment of news

Latest announcements


2018In April, 9 pm : Notice of medical
Notice of medical

 平素より格別のお引き立てを、ありがとうございます。
 「ゴールデンウイーク」の祝祭日は、平常通り診療をいたします。

   4月30日 (月) 振替休日    平常通り診療いたします。
   5月 3 日 (木) 憲法記念日   平常通り診療いたします。
      4 日(金) みどりの日   平常通り診療いたします。
      5 日 (土) こどもの日   平常通り診療いたします。
2018On March 9th. : 40Textbook of meal from the Bill following a diet
ダイエット食
 ダイエット中だからと、間食は我慢していませんか?
我慢できる人なら良いのですが、これがストレスになって、暴飲暴食をしてしまうなら、
逆効果ですよね。
そんな人にオススメなのが「一日5食ダイエット」.
その名の通り、1日に5回食べても痩せられるというものです。
この方法は、医師や栄養管理士も勧める、理にかなったダイエット方法なんです。
 1日5食にすることで、食事の間隔が短くなり空腹を感じにくく食べ過ぎを防止することができます。
また、血糖値が安定するため、インスリンの分泌が抑えられて脂肪として蓄積されにくくなります。そのため、ダイエット効果が期待できるというわけです。
シミの原因になる活性酸素。活性酸素を作られにくくするために1日5食にする方法が有効なのだそうです。
シミの原因である活性酸素。血糖値が高い状態が続くと活性酸素が作られやすくなってしまいます。
1日5食にすると、血糖値が急激に上昇することを抑えることが可能になるため、活性酸素の生成を抑制してくれるということです。

 1日5食ダイエットの場合、3時間おきに食事をすることが目安になります。
例として、1食目(朝食)が8時の場合、以下の様になります。
? 1食目…8時
? 2食目…11時
? 3食目…14時
? 4食目…17時
? 5食目…20時
1食目が7時の場合は、以下の時間が目安になります。
? 1食目…7時
? 2食目…10時
? 3食目…13時
? 4食目…16時
? 5食目…19時
3食の食事+間食2回
1日5食ダイエットの食事方法は、3食+2回の間食と言うとイメージしやすいかもしれません。朝食は1食目・昼食は3食目・夕食が5食目。そして、2食目と4食目が間食となります。
? 1食目…朝食
? 2食目…間食1回目
? 3食目…昼食
? 4食目…間食2回目
? 5食目…夕食
1日の摂取カロリーは増やさない
 食事の回数を増やしても、1日の摂取カロリーは多くしないようにしましょう。
通常3食の場合、各食事の摂取カロリーが2000kcalの場合、5食で2000kcalを摂取するイメージです。
【1日3食の場合】
? 朝食…500kcal
? 昼食…700kcal
? 夕食…800kcal
合計…2000kcal
【1日5食にした場合】
? 朝食…400kcal
? 間食…200kcal
? 昼食…600kcal
? 間食…200kcal
? 夕食…600kcal
合計…2000kcal
栄養バランスの食事にする
 ダイエットでは、摂取カロリーだけでなく栄養バランスも大事です。
たんぱく質・脂質・炭水化物(糖質)・ビタミン・ミネラル・食物繊維をバランスよく摂取できる食事の工夫が必要です。
? 1食目(朝食)…フルーツ
? 2食目(間食)…ナッツ類
? 3食目(昼食)…ごはん、肉または魚、野菜、汁物
? 4食目(間食)…ヨーグルト
? 5食目(夕食)…ごはん少なめ、豆腐などの大豆製品・海藻サラダ・汁物
 上記はひとつの例です。間食は、栄養価が高く糖質が少ない(血糖値が急上昇しにくい)ナッツ類・低糖ヨーグルト・チーズなどが良いでしょう。
摂取カロリーや栄養バランスが考えられている食事メニューですね。間食をしているため、夕食は軽めでも満足感があるのだそうです。間食には、ビーフジャーキー・スルメ・野菜スティックなどもオススメということです。
1日5食ダイエットは、血糖値を安定させ食欲をコントロールし痩せる方法です。そして、食事の回数を増やすだけでなく、摂取カロリーや栄養バランスを考慮した食事にすることも重要になります。ただ食事回数を増やすだけでは太ってしまう可能性があるので、注意しましょう。


2018年2月14日 : 4 Japan health creation research society
 
 今週の日曜日、「日本健康創造研究会」第4回研修会がありました。
高橋徳先生「愛すること、想うこと、そして祈ること  オキトシン健康法」
九州大学総長 久野千春先生「聴くことの力 心身相関のエビデンス」の2題講演がありました。

 「愛すること、想うこと、そして祈ること  オキトシン健康法」
オキトシンは、「幸せホルモン」「恋愛ホルモン」「抱擁ホルモン」「信頼ホルモン」「絆ホルモン」「思いやりホルモン」「癒しホルモン」など、数々の異名を持つこのホルモン、分泌されるとわたしたちに以下のような効果をもたらしてくれるといいます。
・幸せな気分になる
・脳・心が癒され、ストレスが緩和する
・不安や恐怖心が減少する
・他者への信頼の気持ちが増す
・社交的となり人と関わりたいという好奇心が強まる
・親密な人間関係を結ぼうという気持ちが高まる
・学習意欲と記憶力向上
・心臓の機能を上げる
・感染症予防につながる

このオキシトシン、分泌させない手はないですよね! なにしろわたしたちに、「生まれてきてめっちゃ幸せ! みんなありがとう!」という気分を味わわせてくれるホルモンなのですから。
虚無主義(ニヒリズム)に陥ったニーチェは『神は死んだ』と言いました。
いいえ、違います。我々の人情と健康を担うオキシトシンは『内在する神』 として、視床下部に生き続けています。

「聴くことの力 心身相関のエビデンス」
 現代に増加している病気は、生活習慣病・老年病・ストレス病です。
 ストレスが過剰にかかると、心理的反応として、不安・怒り・悲しみ・焦り・憂鬱・緊張などが現れます。
身体的反応として、内分泌・自律神経・免疫に異常または機能低下を示します。
一つの病気に対しても、心理社会因子の影響を受けます。
感情抑圧傾向、孤立、回避的傾向、絶望的傾向ですと、病は不良となります。
 全人的医療とは、身体的・心理的・実存的な面から統合的に理解し治療することです。
治療は身体療法、薬物療法、生活指導、面接による心理療法、チーム医療などを統合して行います。
 常に患者は身体・心理・社会・スピリチュアルに苦悩しており、患者の病態を理解し、寿の命を伸ばすように手助けをするのが治療者の役割です。
2018In January 25,. : Fix ITA top! Cramp in the leg
こむらがえり

 ふくらはぎが激痛とともに痙攣する「こむらがえり」.
特によく冷えた冬の朝方に布団からヌッと足が出ていると、「こむらがえり」が起こり易いです。
「こむらがえり」は、ふくらはぎの筋肉が過剰に収縮して起こる発作です。
特に寝ている間に筋肉の縮み過ぎを防ぐセンサーの役割を果たす「腱紡錘」が働かず、
「こむらがえり」が発症しやすいのです。
また寒い時期で身体が冷えると血管が収縮して血行不良になり、筋肉に酸素と栄養が充分に行き届かないため、
「こむらがえり」が起こり易くなります。
とりわけ筋肉のコントロールにかかわるマグネシウムと水分が不足している場合は危険です。
 予防として心がけたいのが、毎晩、就寝前にコップ一杯の水を飲むことです。
人間は睡眠中の発汗で500ccほどの水分を消費するため、あらかじめコップ一杯の水を補給してから就寝するべきです。
わかめ、納豆、牛乳、するめなどでマグネシウムを補給することも大事です。
梅干しに含まれるクエン酸はマグネシウムの吸収を高め、疲労回復の効果もあります。
また、足を冷やさないために就寝時に靴下やストッキングをはいて布団に入ることも予防につながります。
温かいうえ、足の筋肉をほどよく圧迫して血流も良くしてくれる医療用の「弾性ストッキング」がお勧めです。
 「こむらがえり」を含む「足のつり」対策として、筋肉をほぐすストレッチも効果的です。
30㎝ほどの高さの台に片足をのせる「波止場のポーズ」がお勧めです。
台に乗せた足を吐きながら7秒間静止するのです。
これを左右交互の脚で15回ずつ繰り返すと、太ももの裏の筋肉が鍛えられて血行が良くなります。
座ったまま親指と人差し指を使い、床に置いたタオルを引き寄せたり、持ち上げる運動も効果があります。
普段あまり使わない下腿三頭筋や足の裏側の筋肉などを使うことで、足のつりを予防することができます。
 それでも足がつってしまったら、患部をストレッチして、擦ってあげてください。
「こむらがえり」に場合、ふくらはぎを伸ばしましょう。
また、漢方薬も助けになります。
痛みを緩和する作用を持つ「芍薬」と「甘草」が含まれた「芍薬甘草湯」は、舐めるだけでも即効性があります。


2018In January, 5. : Happy new year

 新年 あけましておめでとうございます。
 皆様にはよき新春をお迎えのこととお慶び申し上げます
昨年はひとかたならぬご高配にあずかり心より感謝申し上げます
本年もどうぞご厚情の程よろしくお願いいたします

平成三十年 元旦